パチンコのCR機→P機が絶望的かもしらん【消化激遅】

いや~とうとうパチンコも新時代の幕が開けました。

CR機からP機への変化。

さて、これはユーザーに受け入れられるのでしょうか?

いや、受け入れて貰わなければパチンコは終わってしまいます。

私も何機種か打ちましてね。

その感想を少々書いてみようと思います。

CR機とP機の違い

パチンコの規制変更に伴い、頭に付くアルファベットが変更となりました。

旧基準機が混在する中では非常に有難い目印です。

直ぐさま察知できますからね。

で、CR機とP機の違いですが

私はメカニックではありませんので、ユーザー目線でぼんやりとまとめますね。

ラウンド数の違い

CR機とP機では最大ラウンド数が違います。

CR機は16ラウンド

P機は10ラウンド

カウント10と払出15は変わっていませんので、払出出玉は

CR機は2,400玉がMAX

P機は1,500玉がMAX

となりました。

継続率の規制が無くなったから、ラウンド数なんて関係ないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、

パチンコには総量規制というものがあり、理論上獲得できる球数の制限があります。

継続率が高くなれば必然的に大当り1回あたりの獲得出玉が減り、結局平均値は同じになります。

消化時間の違い

総量規制はそこまで絶望的な数値ではありませんでしたが、消化時間は半端じゃなく遅くなりました。

なんでも4時間以内に5万円以上勝っちゃダメなんですって。

1回に獲得できる球数が少なくなったので、継続率と消化スピードを上げる。

これできません。

5万円てことは12,500玉ですか。

さすがに4時間でこれしか出ないってことはないですが

ま~トロトロ消化します。

時速10,000発くらいが平均ですかね。

設定が付いた

なんとP機にはパチスロにしか無かった設定を付けられます。

どうも釘調整を出来なくする変わりの措置みたいですね。

て、いやどう考えてもしてるでしょ?

これは完全封入式にしないと、意味を成さないですね。

私は正直反対です。

だって設定1ばっかりじゃないですか。

P機に対する率直な感想

このP機ね~。

感想としては今なら良い。って感じですかね。

CR機も混在している今なら、たまには遊び感覚でP機を触るのも悪くないってところです。

「CR機無くなったら、P機が良く感じるよ」

って人も居ますが、正直微妙ですね。

あのトロさに耐えられそうもありません。

ダラダラするので、負け額は相対的に少なくなるでしょうが

結局、パチンコには勝負に来ている人が多いはずです。

さっと出してさっと帰るってことが益々難しくなります。

最近出たサンセイの虎の子

「P餓狼-冴島鋼牙」

どうですか?

好きか嫌いかで言えば、好きですよ。

でも、これが今の最強のマシーン。

ババーン!

てやられても

「はぁ~」

ってなりますね。

すみません。今回はただのぼやきでした。

CR機がある内に大勝負は済ませておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする