【ナンバーズ攻略】ナンバーズには「買うべき日」と「買うべき数字」がある!?

「出現率から見て、次の当選番号は、、」といった論理が破綻したものではなく、期待値的に見てナンバーズはプラスを狙える可能性があるのではないかと思う。

ナンバーズの重要な2つの特徴

ナンバーズを購入する際、重要な2つの特徴がある。

この2つの特徴が「買うべき日」と「買うべき数字」を導き出す重要な要素となる。

当選金額

ナンバーズの特徴の1つは当選金額が変動するということだ。

当選金額に影響を与えるのは「販売額」と「当選口数」で、販売額が大きければ大きい程、当選口数が少なければ少ない程、当たった際の配当金額が大きくなる。

数字選択

もう1つの特徴は数字を選択できるということだ。

ナンバーズは完全なる受け身の宝くじではなく、自分の意思で当選するであろう数字を選ぶことができる。

ナンバーズ攻略の糸口

ナンバーズ攻略の糸口は先に挙げた2つの特徴にある。

それは「販売額が最も大きくなる日に最も選ばれ難い数字を選んで当選させる」ということである。

ナンバーズの期待値がプラスになるには「ストレートの当選金額」>「200円×確率分母」が成り立っていれば良い。

具体的にはナンバーズ3で20万円、ナンバーズ4で200万円である。実際にナンバーズ3では30万円超、ナンバーズ4では200万円超の配当実績がある。

販売額が大きくなる日

販売額が大きくなる日はなんとなくではあるが想像ができる。それは、暦である。

何かをする際に縁起の良い日を選ぶというのは古くから親しまれている風習である。

実績に宝くじのCMでも暦を意識したものが多く存在するし、それ以外の行事でもわざわざ調整してまで縁起の良い日を選ぶ傾向にある。

なので、当選金額が販売額に影響されるナンバーズは図らずもそのような日に購入することが期待値の底上げに繋がるのだ。

選択する数字

ナンバーズを購入する際、明らかに得をする数字が存在する。

それは他の人が選ばない数字を選択することだ。

人は感覚に左右され易い。当然、自分もそうなのだが、実際にはどの数字も等しく当選するはずなのに、ある数字は当たらないという先入観を持ってしまう。

例えば、全て同じ数字や並び目などである。

自分がその中で最も選ばれ難いと思う数字は直前の抽選に当選した数字だ。

ナンバーズの攻略法

以上のことからナンバーズの攻略法が導き出される。

それは、

大安などの縁起が良いとされる日に前回当選した数字を購入すること

である。

これは我ながら見事な攻略法だと思う。是非ともみなさんには真似をしてもらいたい。

すると、当選人数が増えて損をする可能性が高まるのだが(笑)

期待値がプラスだとしても

つまるところ自分の言いたいことは「宝くじで儲けることは比較的自分の意思が反映されるものでも不可能」であるということだ。

今回ご紹介したナンバーズが最もプラスを期待できる宝くじであることは間違いないと思うのだが、そのナンバーズでも収束するまでとてつもない年月が必要となる。

ナンバーズの抽選は平日に1回ずつ、年間では300回程度だ。一方、ナンバーズのストレートの当選確率はナンバーズ3が1/1,000、ナンバーズ4が1/10,000である。

これで購入日を選ぶことまで考えると、ある程度確率がその値に落ち着くまでに一体何世代かかるのか想像ができない(笑)

しかも1回あたりの期待値は大したことない。

正直なところ、ナンバーズを理詰めで攻めても価値はないだろう。

宝くじは期待値で買うものではない

宝くじを買う動機、それは夢以外の何物でもない。そんな中、1等の当選確率を高く設定し、数十万円~数百万円の当選金額が期待できるナンバーズは「夢も希望もない」と言って差し支えないだろう。

なぜなら、半端だからだ。これはあくまで個人的な意見ではあるが、ナンバーズを買うくらいなら一生かかっても手に入れられない当選金額が見込める宝くじを買った方がまだ良い。できるならば買わない方が良い。

ただし、真面目に考え、宝くじで一攫千金を目指すのならば、もはや理論は不要である。なぜなら、そこに法則は無いのだから。

むしろ、神に頼って購入した方が精神的な満足感を得られる可能性が高い。