P花の慶次蓮は圧倒的通路!?なぜ全く流行らない台をメーカーは作り、ホールは大量導入したのか!?

みなさんこんにちは。

パチンコ大好きおっさんです。

今日は、注目に注目を集めた台、「P花の慶次蓮」について書きたいと思います。

この台は、強烈に印象に残る「流行ることを勘違いされた機種」ということが言えるでしょう。

今や展示会のような風景になっているか、もしくは撤去されたことだと思います。

● P牙狼-冴島鋼牙

● CR北斗無双2

● P花の慶次蓮

このパチンコ3大勘違い機種にノミネートされた機種のひとつですね。

では、ご覧ください。

原因(CR花の慶次漆黒の存在)

1番痛かったのはCR花の慶次漆黒の後継機として、同じシステムを採用したことでしょう。

みなさんご存じの転落方式です。

個人的に最も嫌いなドキドキは、いつ転落したのわからない転落方式のパチンコです。

過去に何度か登場したことがありますが、調子が良くてもバラエティーに数台、基本的には1台設置機種と印象が強くあります。

ですが、CR機の末期にその常識が覆されます。

CR花の慶次漆黒の登場です。

個人的には、漆黒を打つくらいなら北斗無双の口なのですが、たしかに人気は高く、満席なんて日もありました。

振り返ると、ここに問題があったのでしょう。

解釈の仕方ですね。

● 今まで無かった待ち望んでいた台が出てきた

● 他に打つ台がないので、これ打っとこう

この2つの内、メーカー側は前者だと判断したのでしょう。

実際にホールで遊戯しているユーザーは度肝を抜かれることです。

なぜなら、後者に決まっているのですから。

65%規制がかけられたCR機で、打てる台と言えば?

1種2種混合機を除けば、慶次くらいのものだったのですから。

さらに、「ボーダーが低く甘い機種」という情報が回ったのもひとつの原因かと思われます。

65%継続の確変機は出る気がしないけど、転落方式だとなぜか出る気がする。

しかも、同じ様なシステムのフェアリーテイルよりも攻略要素があり、ホールの調整と打ち方によっては勝てる気がする一般ユーザーが増えたのです。

P機で転落方式はオワコン

時代はP機になり、継続率の上限が取っ払われました。

この瞬間、転落方式の市場価値はほぼ無くなったとユーザーは思っていることでしょう。

本当ならば、回転数の決まったST機の方がシンプルかつ気合の入れどころがわかり易いので、ユーザーが望むシステムのはずなのです。

後はスピードが時速12,000発を超えていれば、割とバランスの取れた台というイメージが付きます。

もし、転落方式をどうしても採用するのであれば、Pひぐらしのなく頃にのような1種2種混合機でしょうね。

引っ張られて、引っ張られて、結局通常に転落しました。

↑この感覚はもう需要ないんじゃないですかね?

これで右の削りで出玉減少半端ないようなら、2度と打たない機種確定ですね。

まとめ・どうせ後継機出すなら真・花にして欲しかった

いかがでしたでしょうか?

私の意見に同意していただけましたでしょうか?

今回のP花の慶次蓮は、慶次というコンテンツの終わりを物語っている訳ではなく、システム面での問題だと認識しています。

だって、真・花方式、ループ率85%超の割と速いST機で出してたら、天下取れた可能性あると思いますもん。

MAX規制、65%規制で真・花無くなった時は本当に残念な気持ちになりました。

今回の不発に懲りずに、是非とも真・花方式で新しい慶次を作ってほしいものです。