CRサイボーグ009VSデビルマン初打ち感想【これは夢か幻か】

遊びにまじめで有名なニューギンさんから遂に出ました「CRサイボーグ009VSデビルマン」。夢の共演です。

面白いことを考えましたね。圧巻です。

※後で知りましたが、そういったアニメがあったみたいです。知らずに書いた記事ですので、ご了承ください。

スペック

本機は1/319の確変機、現行のMAX機です。ありきたりなスペックですね。

ボーダーは等価で約20回、可もなく不可もなくと言ったところですね。

筐体は慶次X~雲のかなたに~と同じやつですね。予想に反して余ったんですかね?なら、電チューもそのままにしてほしかったですね。あれは、素直に優秀でしたから。

演出

この機種で最も気になるところ、それは、サイボーグ009とデビルマンの世界がどのように絡み合うのかということでしょう。

そして、サイボーグとデビルマンはどちらが強いのか?私はデビルマンに1票入れていました。何たって悪魔界最強の勇者ですからね。(明が合体したアモンという悪魔)てか、これどっちが勝ったら当りなの?

それは実際に打ってみてからのお楽しみ。ワクワク、ワクワク、ドキドキ、ドキドキ

・・・闘わんのかーーーい!!

ということで、サイボーグとデビルマンは闘いません。てっきりメニュー画面で、どちらのヒーローを選ぶのだ!?的なノリだと思っていたのですが、全く検討外れでした。

この機種の名前知ってます?「CRサイボーグ009VSデビルマン」バッバーン!遊びにまじめのニューギンです。

日本語間違えたんですかね?もっと他に良いタイトルがあったでしょうに。

「CRサイボーグ009&デビルマン~共闘、ダブルヒーローの絆」

とかにした方が良かったんじゃないかと思います。

と、タイトルに関しての愚痴はここまでにして、肝心の演出ですが、思ったよりも自分は好きです。

通常時は基本的に共闘ZONE待ち。共闘ZONEの信頼度は50%弱のようです。

本機最強のリーチは信頼度90%と、外す方が難しいレベルです。

自分が好きなのは、クロスオーバーという演出で、009の世界とデビルマンの世界を行き来する演出です。最終的に共闘すれば熱い。でも、頻繁に来る演出なので、共闘にはなかなか発展しません。

ただ、演出が派手でカッコいい。初めてデビルマンと002の演出を見た時は当たったのかと思いましたが、ただ、カッコいいだけの演出です。

他に良いところは、慶次もそうですがバイブです。振動数半端ねぇー!くらいですかね。

そこ直してよ!というところは、通常時の奇数図柄当り。確変中は奇数テンパイで安心なのに、通常時は確変確定じゃありません。どうしてこうなった!?

総評

自分はそれなりに好きな台ではありますが、予想では即撤去濃厚でしょう。

バラエティーに1台、むしろ低貸し専用で良いかと思います。

がっつり打つと胸焼けするけど、たまに打ちたい、そんな台の仕上がりです。

これを言ったらおしまいですが、なぜ別々に出さなかったのか?遊びにまじめなニューギンさんに是非聞いてみたいところであります。