P交響詩篇エウレカセブンHI-EVOLUTION ZEROは天下を取れるのか?

サミーが天下を取ると豪語する「P交響詩篇エウレカセブン」が天井機能(遊タイム)を引っ提げて登場しました。

いや~、西陣のMAXタイプのST機、CRエウレカセブンが大好きだっただけに、この日をどれだけ待ち望んだことか。

エウレカセブンは感動的なシーンが多いだけに、期待が高まります。

あの歌を聴いただけで胸が躍る中高年が多いことでしょう。

サミーはあの花で大コケしてますが、あの台は設定さえ付いていなければ、かなりの良台だと思うので、良い感じに仕上がってるんじゃないですかね。

今日はそんなP交響詩篇エウレカセブンが天下を取れるのか?考察してみたいと思います。

スペック面の印象

遊タイムが付いた初めて?のサミーの台ということで興味津々な中身は

◎ 大当り確率1/199のライトミドルスペック

◎ ヘソ振分99%が通常の時短100回突破型のST機

◎ 右打ち中は、1/94.2の150回のST(継続率約80%)

◎ 天井の遊タイムは、通常確率を599回転消化後に100回転の時短へ突入

主だった特徴はこんな感じですかね。

そうそう、遊タイムへの突入は通常確率が要件なので、時短も含むようです。

ここ注意ですね。

スペックから見た期待値は、、、残念ながら低いですね。。

ライトミドルというところは◎なのですが、150回転のロングST機というところが、、、

最近のホールはコロナでビックリするくらい釘を閉めてますからね。

ゴリゴリ玉削られるんじゃないでしょうか?

ここは1種2種混合機で出して欲しかった。

さらに、天井も時短100回って。

当たる確率40%弱っすよ。

もはや、お情けおまけタイムですね。

天下が取れるスペックじゃなさそうです。

演出面の印象

うーん。

良くないです。

てか、西陣に作って欲しいです。

そんな内容です。

まあ、これはあくまで個人的な意見ですので、好きになる方もいるかもしれませんね。

あの役物考えた開発の方は正気ですか?

エウレカの良さを全て消し去っているように見えるのですが。

まとめ

結論から申し上げますと、今回のエウレカセブンは天下を取ることはないでしょう。

私はそのように予想します。

うわ~、待ちに待ったエウレカだったのに、なんてこった。

あの花の通常時は凄く良かったのに。

右打ち中はつまんなかったので、あそこだけ改良して、設定なしの1種2種混合機でもう1度出して欲しい!!

と思うほどの出来だったのに。

なぜ今回このような台に仕上がったのか理解に苦しみますね。

今回好印象を持たれた方、すみません。

私はこの台は流行らないと思います。