【遊び打ち】1日中パチンコを打つと負け額はいくらになるか?

ギャンブル

パチンカーのみなさんこんにちは!

パチンコが大好きだけど、釘が読めない。でも、打ちたい!そんなあなたの「1日中パチンコを打つといくら負けるのか?」という疑問にお答えします。

よくある疑問や質問で「1ヶ月でいくら負けるのか?」とか「年間でいくら負けるのか?」というものがありますが、今回の問題を解けば、その答えも出るでしょう。

負け額を決定する要素

1日中、パチンコで遊ぶと言っても打ち方は人によって様々です。

1台で休まずに粘り倒す人もいるでしょうし、途中で休憩を挟む人もいます。色んな台を打つ人もいるはずです。

では、これらの人の負ける額は同じなのでしょうか?違いますよね。

パチンコの収支に影響を及ぼす要素は3つあります。それは「抽選回数」と「回転率」と「獲得出玉」です。

その3つの要素を整理してみましょう。

抽選回数

抽選回数とは、デジタルが変動した回数です。玉を打ち出してヘソに玉が入った個数ですね。

パチンコの打ち出し玉数は法律で制限されており、1分間に100発までしか打てません。さらに、保留にも制限がありますし、演出による影響もあります。

抽選に時間を使わせる意図が働いています。パチスロにもウェイトというものがあり、早く打とうと思っても限りがあります。

早く消化できてしまうとギャンブル性が高まりますし、遅くし過ぎてしまうと店が儲かりません。ですので、それを調整しているのです。

台によって幅はありますが、10時間打った場合だと、平均して3,000~4,000回の幅に収まるくらいですね。

ですので、1日打った場合は3,000回と考えて計算しましょう。1時間で300回です。

回転率

ボーダーでお馴染みの回転率ですが、回転率を知ることによって、確率分母を回すのにいくらお金が必要なのか計算できます。

例えば、確率1/200の台が1K(1,000円)20回の場合、200回転させるには

200➗20✖1K=10K

と計算できます。

釘が読めないのにどうすれば?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、回した結果を見て大体の回転率を計算できます。

例えば、10K使った時に176回だと

176➗10K=17.6

となり、1Kで17.6回と計算できます。回転率にはむらがありますので、10K毎に計算すれば、より正確な数値が掴めます。

獲得出玉

獲得出玉は1回初当りを引いた際の平均的な数値です。これも計算によって導くことができますが、これは情報サイトで確認した方が簡単ですので、それを利用しましょう。

また前提として、時短がある台は時短で当たった場合も獲得出玉に含めます。ですので、1回当たって電サポが無くなるまでと考えましょう。

潜伏がある台は、潜伏で当てて電サポが終わるまでを計算します。

最後に最も気を付けないといけないのは、ラウンド中のアタッカーのこぼしと電サポ中の玉減りです。

最近は出玉5%減で計算しているサイトが多いですが、そのくらい減ることは加味して計算した方が良いでしょう。

電サポ終わって、上皿に玉無しなんてことはざらですからね。

負け額算出

上に書いた3つの要素がわかれば、いよいよ1日中パチンコを打っていくら負けるか計算できます。

【獲得出玉➖(確率分母➗1K回転率✖250玉)】➗確率分母✖4円

上の式で1回転させた時の減少額を計算できます。それに300を掛ければ1時間あたりの負け額が計算でき、それを基に1日、1ヶ月、1年間の負け額が計算できます。

抽象的な式だけではわかり辛いので、具体的に計算してみましょう。

必殺仕事人Vの場合

大人気(個人的に好きな台!笑)の必殺仕事人Vを例にしてみましょう。確率は1/309です。

仕事人の初当り1回での平均獲得出玉は4,200発(攻略本参照)です。これに0.95を掛けると3,990玉になります。

1K16回の場合

自分が良く行くホールは等価店ですが、1K16回くらいが相場じゃないでしょうか。ですので、16回で計算してみましょう。

先程の式に当てはめます。

3,990玉➖(309➗16✖250玉)=3,990玉➖4,828玉=▲838玉

▲838玉➗309✖4円=▲10.8円

と、計算できます。等価のホールで1K16回の仕事人Vを打った場合、1回当てる度に838玉を失うことになります。金額にして3,352円です。

それを確率分母の309で割ると、1回転で10.8円の減少と計算できます。

1時間だと

▲10.8円✖300回転=▲3,240円

1日だと

▲10.8円✖3,000回転=▲32,400円

1ヶ月(30日)だと

▲32,400円✖30日=▲972,000円

1年(365日)だと

▲32,400円✖365日=▲11,826,000円

と、計算できます。どぎついですね!笑

自分で計算しといて震えが止まりません。これだと酷すぎるので、1K17回でも計算してみましょう。

1K17回の場合

3,990玉➖(309➗17✖250玉)=3,990玉➖4,544玉=▲554玉

▲554玉➗309✖4円=▲7.2円

1時間だと

▲7.2円✖300回転=▲2,160円

1日だと

▲7.2円✖3,000回転=▲21,600円

1ヶ月(30日)だと

▲21,600✖30日=▲648,000円

1年(365日)だと

▲21,600円✖365日=▲7,884,000円

と、計算できます。さっきよりかは、まだましになりましたね!笑

改めて見るとパチンコって恐いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?思ったよりもひどかったですかね?

ですが、これが現実です。長くパチンコを楽しむためには、できるだけ回る台を打つことが如何に大事かわかると思います。

しかも、これは確率通りに当りが引けた場合の計算です。確率分母が大きいので、荒れることは容易に予想できますね。

あまり、むきになって打たないよう、お互い気をつけて、長くパチンコを楽しみましょう。

コメント

  1. 通りすがり より:

    今の機種は平均デジタル変動時間が長いんで大体12時間打って通常回転は1900~2200ぐらいの機種が多いと思いますヨ
    確変とか時短の変動回数込みにしたら3000~4000回転ですけどネ
    牙狼翔とかだと無駄に電サポ回数が長いのでよく当たってたら5000回超えマス

    • おっさん より:

      コメントありがとうございます。
      たしかに、最近の台は変動が長いですよね。
      平均化して計算するのは難しいですね。
      正確な数値を出せるように心がけます。