【朗報】CRF戦姫絶唱シンフォギア、増台でかなり甘くなってる模様

他を寄せ付けない圧倒的人気機種、1種2種混合機CRFシンフォギアが相次ぐ増台に伴い、かなり甘く調整されている模様です。

昨日、全て手紙保留、レバブル、赤保留、まだ闘える演出、全て手紙保留を100回転以内に立て続けに引いて当たらず、心が折れそうな今日この頃ですが、シンフォギアへの愛は止まりません。

シンフォギアを愛する皆さん、朗報です。

スペックおさらい

シンフォギアがホールに登場してから半年程経ちますので、スペックは言うまでもないでしょうが、念のためおさらいです。

シンフォギアは1/199のライトスペックで、右打ち時約1/7の1種2種混合機です。

初回当り時は1回の時短が付き、時短1回と保留4回の抽選の突破を目指します。これが約50%ですね。

そこをクリアすると確変のシンフォギアチャンスへ突入します。シンフォギアチャンスは時短7回で、保留4回と合わせて、計11回の抽選が受けられます。これが約80%です。

1/199の発当りを目指します。

1/2をクリアします。

80%継続の確変に突入します。

といった流れです。簡単ですね。

初回当りは99%が4Rで400発弱、右打ち時は50%が4Rで、40%が16R、10%がランクアップボーナスです。

続かないと玉はあまり出ません。

同じ1種2種混合機のCR魔法少女まどか☆マギカと比べると、かなりマイルドな印象を受けるスペックです。

ホールでの扱われ方

当初、ホール側が期待していなかったのか、メーカー側があまり力を入れていなかったのかはわかりませんが、導入台数が少なく、完璧にバラエティー扱いでした。

自分の地域は等価が多く、20店舗程のホールを立ち回っていますが、状況はあまり良くありませんでした。

導入1週目で20回前後、次週で18回前後と、直ぐ様機械台を回収する気満々だということが丸わかりでした。

あの頃の目玉、まどか☆マギカの導入が控えていたためかもしれませんね。

それが、蓋を開けてビックリ。導入間もない頃はまどか☆マギカが優勢に見えましたが、次第に差が開き、シンフォギアの圧勝といった形となりました。

ただ、自分からすれば、スペックを見た限り、まどか☆マギカが流行るとは到底思えませんでしたし、実際に打ってみたところ演出も微妙でした。

ホールの担当はどこを見ているのだと思わざるを得ませんでしたね。実績のある享楽さんの巨大版権、導入を見送って流行った場合のことを考えると、、、見送れないですね(笑)

それが2018年の新春、やっとシンフォギアの人気と魅力に気がつき、増台するホールが相次ぎました。

規制による先行き不安なパチンコ業界ではありますが、シンフォギアを大事に扱うことによって、他のホールと差をつけられると言っても過言では無いでしょう。

「シンフォギアを制するホールはパチンコを制し、ジャグラーを制するホールはパチスロを制する」

と、今のところは予想します。

そして今、かなり薄利にシンフォギアを扱っているホールが存在します。

自分が行くホールは等価で、21~23回は回ります。客側のプラスになりそうな台もあります。

シンフォギアのボーダー、期待差玉計算

これは、長期的に大事に扱おうという、ホールの気持ちが伝わります。

過去に流行った1/199

自分の印象に残っている過去に流行った1/199のライトミドルは「銭形平次(享楽)」と「AKB48(享楽)」です。AKBはバラではなく、初代です。

規制などの影響があり、一概に稼働状況だけで判断するのは難しいですが、個人的にはシンフォギアが最もユーザーの心を掴んでいると思います。

なぜなら、下馬評の高い機種は本来の台の魅力以上の稼働が付き、そうでない台は魅力以下の稼働が付く傾向にあるからです。

シンフォギアは注目度がそれほど高くなかったにも拘わらず、素晴らしい稼働状況が続いています。

歴代最強のライトミドルではないでしょうか。

パチプロが敬遠するのも吉

シンフォギアはボーダーが辛く、時間効率も悪いので、よっぽど調整が甘くならない限り、パチプロは打たないでしょう。

じゃあ、打たない方が良いのでは?と言ったらそうではありません。

パチプロはその稼ぎで生活しています。1日稼働した際の期待値が15,000円くらいないと手を出しません。生きていけなくなりますからね。

シンフォギアの場合はボーダーが高いので、調整が甘くなっても期待値が急上昇することはありません。

つまり、パチプロは敬遠するけれども、一般ユーザーにとっては満足できる期待値、0円~12,000円くらいの台が落ちる可能性が格段に上がります。

結局良い台はパチプロに占拠されがちなので、パチプロが敬遠して尚且つ面白い台は他のユーザーにとっては願ってもないことだと思います。

今がチャンス

今は自分のホールのシンフォギアに遊戯者を定着させようと、かなり甘くなっていると考えられます。

今が旬であることは間違いありません。

パチプロじゃない、一般の人だけが甘く楽しめる台、それがシンフォギア。

通常時の演出、確変中のシンフォギアチャンス、どちらも楽しめるのがシンフォギア。

レバブル来て外れるのは萎えますが、それでも面白いのがシンフォギア。

パチンコを愛する、我々労働者の救世主となるでしょう。さあ、みんなでシンフォギアを打ち倒しましょう。

コメント

  1. ヤング より:

    すいません質問なんですが等価交換って禁止になったんじゃ無かったんでしょうか?

    • おっさん より:

      コメントありがとうございます!
      いえ、未だに神奈川は等価ですよ。また、等価でない地域は他にもあります。
      都内が非等価になりましたが、地域によって違います。

  2. ヤング より:

    ほーんそうなんですね。

    こっちは3.4円がメインですね。

    こっちのシンフォギアですが増台し釘は14回~16回位の調整ですね。

    うちの地元は人気があれば増台して釘を少し締める。
    客が飛べば更に締めるの繰り返しなんであんま期待出来ないですね。

    うちの地元は昔からスロットに設定入れてパチンコは徹底的に釘を締めるを繰り返してる地域ですからねぇ。
    4個返しの機種でも平均12~14位の調整です。

    • おっさん より:

      パチスロに設定を入れて、パチンコを利益元にするホールもあるでしょうね。ただ、その換金率でその回転数は死亡遊戯ですね(笑)
      神奈川は人も多く、激戦地区も多いためか、ボーダーくらい回る台は割とあるイメージですね。
      パチンコは回ってなんぼなんで、いかに演出が面白かろうが、それは打てないですね。

  3. ヤング より:

    私の地元は東北なのですがスロットは相当力いれてますよ。

    店が本気の時は絆半分6とかありますし。

    昔からパチンコはダメですね。
    15年前にあったグランドリニューアルでスロット全台456の時もパチンコは3円の15回とかでしたからねぇ。

    • おっさん より:

      東北なんですね。
      地域でずいぶん違うのですね。
      自分はパチスロも好きなんで、機会があれば東北で稼働してみようと思います。

  4. ヤング より:

    いや辞めた方が無難ですよw

    スロットは高設定入ってますけど、どの店も強いところを手元で埋める親が多く一見さんなら殆どチャンス無いですよ。
    仮に運よくツモれてもチンピラ勢で因縁つけてくる輩も多いから居心地最悪ですよ。

    朝一番に並ぶと未だに因縁つけられるし。

    • おっさん より:

      かなりの無法地帯ですね(笑)
      神奈川は比較的マナーは良い?軍団はいますが、チンピラみたいなのは少ないので、割と気楽に遊べます。
      等価のホールも多いですし、かなりおすすめの地域ですね。特に横浜、川崎辺りは良い感じです。
      東北には観光で行くことにしますね(笑)

  5. ヤング より:

    食ってる人は殆どチンピラばっかりなんですよね。

    夏でも殆どの人が長袖ですよ。

    未だに朝先頭に一見さんが立つと、車から数人出て来てお前どこの者?とか聞かれますね。

  6. ヤング より:

    勘違いしてるみたいですけどあくまでも一見さんにどキツイだけです。
    仲良くなれば全く問題ないしね。

    それに意外にメリットもあるんですよ。
    そういう強いの一人いるとエナ専は寄り付けないからお年寄りは気持ちよく打てるんです。
    お年寄りの常連の座る台は殆ど決まってて普通に高設定入る日は実は決まってるんですけど、それは強面も絶対に取らないルールが有りますし。

    それやっちゃうとそのお年寄り怒って他の店に行く。
    長い目で見ると客飛びに繋がって自分がしっぺ返し食らうからどの常連も絶対やらないですね。

    皆年寄りには優しいんすよ。

    個人的にはエナ専の方がずっと害悪だと思ってます。

    • おっさん より:

      なるほど。そうなんですね。
      ハウスルールみたいなのがあって、みんな心地好く遊戯できているのですね。
      なんだか微笑ましい棲み分けだと感じます。
      こちらではあまり見られない光景ですね。

  7. ヤング より:

    まぁ地方ならではではありますね。

  8. シン より:

    MAXタイプが撤去され、今の319基準だったからウケたのでしょうね。
    客が319でもMAXと波の荒さは変わらないのに連チャン性能と出玉はダメダメじゃねぇか!って気付き始めてからは初当たりの軽いライトミドルにこれまで以上に注目が寄せられました。
    どうにもそのよいタイミングに、当たりやすく連チャンしやすいといった台だったのが大きかったですね。
    仮にもMAXがあった頃ならその当時の絶対王者である牙狼がいる以上は敵いませんし、やはり時期が良かった。

    • おっさん より:

      コメントありがとうございます!
      まさにおっしゃる通りですね。シンフォギアは本当に運が良かった台ですね。
      やはり、今の出玉性能では、ライトミドルじゃないとかなりしんどいです。
      ただ、なぜ、かつての王者であるサンセイが同じような1種2種のガロを出さないのか?
      おそらくはガロのブランド、1回の大当りで大量に出玉を獲得できるということに囚われたのでしょうね。