パチンコのボーダーという罠

長年パチンコを打つ人達に市民権を得てきた「ボーダー」という言葉ですが、改めて質問されると答えられますか?

今回はこのボーダーについて書いていきます。

回転数の分岐点

ボーダーとは境界線であり分岐点です。何の分岐かというと「プラス」と「マイナス」の分岐点です。

そしてボーダーは回転数で表されます。千円分の玉、250玉をハンドルを捻って打ち出した際にヘソに入る玉の数です。

この数がボーダーに達していると、打ち続けても理論上は負けません。千円でいくら回るかという簡単な指標なので、受け入れられたのでしょう。

ボーダーの計算

ボーダーの計算は非常に簡単です。簡単な例を挙げて見てみましょう。

大当たり1回の出玉の計算

まずは1回の当たりで獲得できる玉の数を計算します。ここで言う当たりとは初当たりのことで、時短も含めます。

ここでは、簡単に計算するため2,500玉とします。

大当たり確率の計算

これは言わずもがなですが、現在はスペックが公表されていますので、簡単に大当たり確率を知ることができます。

今回の計算では1/200としましょう。

ボーダーの計算

ではここまでの数値を使ってボーダーを計算してみましょう。

初当たりで獲得できる玉は2,500玉なのでこれを250玉で割ります。すると10と計算できます。次に200を10で割りましょう。結果20という数字が出てきます。これがボーダーです。

逆算すれば、簡単に確認できます。1,000円入れると250玉出てきて、250玉打つと20回ヘソに入って当たりの抽選を行いますので、これを10回繰り返すと200回抽選したことになり、理論通り当たれば2,500玉出てきます。

2,500玉使って、2,500玉出てくるのですから、プラスマイナス0となりますね。

これを式にすると、大当たり確率÷(獲得出玉÷250)となり、ボーダーを計算することができます。

ボーダーに対する雑誌の対応

ボーダーを出しているのは今となってはサイトなどが多いですが、昔は雑誌が主でした。雑誌にとってメーカーはお客様なのになぜそんなマイナスの情報を出すのでしょう?

だってそうじゃありませんか?ボーダーに達していないと理論上は負けてしまうのですから、台が回らないとお客さんは打つのを止めてしまいますよね?ですが、雑誌はボーダーを惜しみ無く公表します。

要するにボーダーを出しても打つ人は減らないということなんですね(笑)むしろ増えた気すらします(笑)

ボーダーの罠

ボーダーには罠があります。大きくわけて2つです。

釘の罠

1つめは釘の罠です。

私の知り合いに「なんでこの台打つの?」と聞くと大体決まってこう言います「回るから」と。私もたまに「この台回る」と言います(笑)

こういうことを言う心理は、私の経験上「回らない(勝てない)台を打つのはださい」という気持ちと「ガチで回っていると思っている」という気持ちの人が多い気がします。

ださいと思っている人は見栄ですが、がちで回っていると思っている人は問題です。なぜなら、新装開店でもない限り、回る台よりも回らない台の方が多い、もしくはボーダー以下の台しか無いのにもかかわらず、回ると思っているからです。

パチンコの玉がヘソに入る一連の流れは物理現象です。千円でボーダーを下回ることもあれば、上回ることもあります。当然です。

しかし、なぜかパチンコを打つ人は回らなければ下振れ、回れば本来の台の実力だと思う人が多く存在します。胴元が儲かると思っているのに、大した努力もせずに自分は勝てると思っているのですから、当たり前と言えば当たり前ですね(笑)私もそのひとりです。

動画に出てくるライターも問題です。「もう少し丁寧に打てば回転数が上がる」とか言いますもんね。間違っている訳ではないでしょうが、助長してます(笑)

当たり出玉の罠

実際の当たり

これはパチンコの原理原則ですが、穴(入賞口)に玉が入れば玉が出てきます。ヘソは抽選口であり入賞口です。当たれば、当たり専用の穴が開き、そこに玉を打ち込み玉を獲得する仕組みです。

その際、カウントというものがあり、その穴にカウント分だけ入ったら穴を閉じるという決まりになっています。9カウントなら9個、10カウントなら10個です。この時、最も理想的な形で玉が入ることを想定しているのがスペックの公表値です。

穴に9個入れるなら、9個打ち出して全て入るという具合です。10個打ち出してしまうと1玉損します。実際に打ってみると玉がなかなか穴に入らないことを知ることができます。これは機種によって様々ですが、理想的な入り方をする台は稀です。

電サポ中(確変、時短)

当たりには連チャンがあります。パチンコの1回の初当たりで得られる期待獲得出玉は確変や時短を含んだものになります。

確変も時短も電サポ(電中サポート)が発動して、玉を減らさず当たりの抽選を受けられるようになっています。この電サポの穴も抽選口と入賞口を担っています。

公表値では、この間の玉の増減は無いこととして当たりの期待出玉を計算しています。

最近のほとんどの台は電サポ中の玉が1個しか出てきませんので、玉を減らさずに維持するのは至難の業です。

罠に掛かる人ばかり

結局この罠に掛かる人が多いので、パチンコは成り立っています。ボーダーなんて意識してない人もいるでしょうが、今の時代は知っている人の方が多いでしょう。

パチプロという人々

ただし、パチプロという人々が存在することは事実です。彼らもこのボーダーを活用しています。

負けている人との違いはシビアさです。ちゃんと上に書いたような罠を計算して、それを加味した計算でボーダーを出しています。

妥協をせずに台を探し続けることが勝利への鍵ですね。

最近は遊戯人口が減ってしまって不況ですから、ボーダーを上回る台を探すのはかなり難しい状況ですが、良い台が見つけられない時は打たないという心構えも大事でしょう。