1種2種の完成形、CRダイナマイトキングin沖縄はアドレナリン生成機

どうもこんにちは。おっさんです。

パチンコ楽しんでますか?何ですって?楽しめてない?

そんなあなたにおすすめの機種が「CRダイナマイトキングin沖縄」です!

このダイナマイトキングは1種2種混合機で、通常時大当り確率約1/29の台です。

タイプ的には「CR餃子の王将」や「CR綱取物語」と似ています。が、ダイナマイトキングはそれらの機種を遥かに上回る魅力を持っています。

それは、初当り時に必ず80%超の確変に突入するところです!

スペックと仕組み

【大当り確率】

大当り確率 1/28.6

右打ち時 1/2.9

初当り時は全て右打ちに突入し、天国2回転+電チュー保留2回転の4回転以内に1/2.9のVチャレンジを引けば大当り。継続率は80%超となっています。

【大当り振り分け】

⚫ ヘソ入賞

16R(下アタッカー) 払出 約2,000発 100%

⚫ V入賞

16R(下アタッカー) 払出 約2,000発 約50%

16R(上アタッカー) 払出 約500発 約50%

※ 払出は一般入賞口の賞球(3球)も含めます。実際の純増は約1,750発、約300発程度ですが、調整により変動します。

ダイナマイトキングの魅力は初回当り時に必ず80%超の確変に突入するところだけではなく、上記の通り、ヘソ当りの獲得出玉が多いことも挙げられます。

確変突入率100%+単発時の獲得出玉2,000発弱、さらに継続率80%超。こんな台は他には無いでしょう。

初回ヘソ当り時の平均獲得出玉は6,500発を超えます。当たったら興奮必至ですね!

ヘソ抽選までのルート(ボーダー)

ダイナマイトキングのボーダーは等価交換のホールで1.1回です。一万円入れて11回転すれば±0ですね。

ダイナマイトキングin沖縄期待値

ですが、千円で何回転するのかを見極めるのは至難の業です。

この手のタイプは役物にたどり着くまで、そして役物を突破するまでにかなりムラがあるので、結果、千円あたりの回転数が荒れます。

千円で3回転することもあれば、四千円入れて1回転もしないこともあるでしょう。

ですので、指標として使用するならば役物到達までの第一関門、左右ルートの分岐の前、『IN』に何玉入るかということを軸にした方が良いと思います。

その場合基準とする数字は等価で「22」玉です。

ダイナマイトキングはINに玉が入った際に左ルートが約1/7、右ルートが約1/11で回転体役物に到達します。

22玉がINに入った場合、左ルートを通って約3玉、右ルートを通って約2玉、平均で計5つの玉が回転体役物に到達することになります。

そして、回転体役物を突破して抽選が受けられるのは約1/5程度で、INに22玉入った場合、平均で千円あたり1.1回の抽選が受けられる計算です。

下の写真を見るとイメージし易いと思います。(大一公式HPより引用)

また、寝かせが抽選に影響を与えると言っている人もいますが個人的には疑問です。

なぜなら、回転体役物は常に一定のスピードで回転していますから、抽選口が有利になる場合もあれば不利になる場合もあり、それは外れ穴にも同様のことが言え、平均すると影響はほとんと無いと考えるからです。

停止している役物に対しては寝かせが影響するでしょうが、入賞口自体が移動するものに関しては考える必要がないと個人的には判断します。

ですので、INに22個以上の玉が入るかどうか、ただこの点にだけ注意を払っています。

※ 【捕捉】この機種にははいさいチャレンジというルートでの大当りがあり、左ルートを通って漏れた玉で時短1回を獲得する場合があります。(左下のデジタルがHと表示)時短1回+保留2回=計3回の抽選が受けられ、その際は右打ちなので、1/2.9で当ります。確率はかなり薄いようです。

評価と感想

では、私がダイナマイトキングin沖縄を遊戯した感想をお伝えします。

はじめに、あまりネットで触れられていない「モード」についてご説明します。

このダイナマイトキングには通常の演出で大当りを楽しむ「沖縄モード」と花が光って大当りを告知してくれる「ハナモード」が存在します。

台に座ったら、まずはボタンを押してみましょう。すると、「沖縄モード」、「ハナモード」と声を発して教えてくれますので(正直聞き取り辛い)、好みのモードを選択して遊戯しましょう。

良いと感じたところ

ダイナマイトの1番の良さは先述した通りスペックにあります。

新基準機が増える中、100%確変に突入し、尚且つ継続率が80%を超える台はこの機種を除いて見当たりません。

はいさいチャレンジ以外の初回初当り時は全て約1,750発程度の出玉が獲得できるので、単発で終わった場合のダメージも少なくて済みます。

また、個人的には昔のダイナマイトキングが好きだったこともあり、演出にも好感が持てます。

パチンコで重要な音楽もアップテンポでイケイケ感がありますね🎵10連くらいさせれば、ダイナマイトキングの音楽が脳裏から離れず、口ずさんでしまうこと間違いなしです(笑)

この手の台にありがちなデジタル抽選までのかったるさは、意外と回転体役物まで到達する玉が多いため、さほど苦になりません。

イマイチに感じたところ

大当り確率が1/28.6と当たり易く感じますが、10回転以内に当たらないと恐怖の方が上回ります(笑)

正直そんなことはどの台でも同じなのですが、数千円突っ込んでも回らないことがある台ではその恐怖が倍増されますね。

100回はまれば十万近く持っていかれることになりますから、そんなことを考えただけで背筋が凍ります。

また、大当り中の上アタッカー消化のだるさが半端じゃないです。消化時間の関係で仕方ないのですが、ガンガンに音楽が鳴り響く中で数分玉を打ち込んで300発程度しか増えないなんて罰ゲームです(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一応マイナス評価も書きましたが、パチンカーなら是非とも1度は打っていただきたい台です。

この興奮を味わったことがないなんて、どうせパチンコを打つのなら損ですよ?

私は1/319の台で同じようなスペックを作ってほしいのですが、期待獲得出玉が多過ぎて基準に弾かれてしまいます。ダイナマイトキングは平均出玉約6,500発超ですからね。

残念ですが、ダイナマイトキングの様な台でしか100%確変突入の80%超ループの爆裂台は出すことができません。

平均的な投資金額が同じでも、バリバリバッキャーンと大当りし、確変に入らない台よりかは100%突入する方が好みだし、純粋に初当りを喜ぶことができます。

この過激な「CRダイナマイトキングin沖縄」が短期間で消えることなく、皆様に受け入れられることを切に願って結びといたします。