牙狼新台を匂わせるライジングサンセイ、CRキャプテン翼黄金世代の鼓動が思いの外面白い

サンセイ、パチンコのMAX機が1/400だった時代、牙狼でパチンコホールを賑わせていたメーカーです。

パチンコのトップメーカーはサンセイだと思っていた方も多いでしょう。

それがここ近年、MAX機が1/319になり、電チューが1個返しになり、継続率が65%以下になった頃から、サンセイの出す台は全く流行らなくなりました。

なぜなら、サンセイの台を打つ動機は、遊戯者に対して甘い台だから!ただそれだけだったからです。

規制されてからというもの、元々面白くなかったというのが如実に表れた結果でした。

ですが、最近登場したCRキャプテン翼黄金世代の鼓動、正直ギャグかと思ったのですが、これが意外に面白いんです。

スペック

スペックは1/319で、確変突入率50%のV確変機です。確変に突入してからは65%ループとなっています。

払い出しは、16Rで2016玉、4Rで504玉です。

初回は確変突入で16R、非突入で4R+時短100回、確変突入後は50%で16R、残り半分は4Rです。通常落ちは100回の時短が付きます。

確変に突入しなければ地獄の台ですね。新基準の台はだいたいそんな感じではありますが。確変に突入してもまともな出玉が得られない台が多いことを考えれば、比較的良いスペックではないでしょうか。

ボーダーは等価で19個、5%の玉削り考慮で20個です。

CRキャプテン翼黄金世代の鼓動差玉計算ツール

ボーダーも比較的良い部類ですね。

右打ち中の止め打ちは電チューが閉じたら2発を繰り返し、簡単な部類です。

そうそう、ラウンド中のV入賞は1R目で最後の方に少しだけ開きます。普通に打ってれば、まず問題ないですが、入賞しない報告もあるので初めて打つ際は注意して見ておきましょう。

スペックについてはこんなところですかね。

演出関連

サンセイの台ではありがちかなとは思いますが、先読みは絡みはするけど、その先読みだけでは期待ができるかどうかわからないような印象です。

一応、保留変化はありますが、確定系以外で期待の持てる炎を纏った翼くん保留(信頼度50%)、岬くん保留(信頼度70%)の出現率は激低です。

ですので、リーチ演出の発展先を見るまで当りフラグを引いているか?という期待は持ち難い台ですね。

おっ!これは!?という感覚になるのは、ライジングサンセイという名の台の上部にある役物が2段階上昇した時(赤くフラッシュする)、試合への道で左上以外のルートが選ばれた時、無限液晶が発動した時です。

これらが絡まなくても当たることはありましたが、ほぼ期待が持てません。

初めて打った際は、演出が和茶和茶しすぎて(他の台もそうですが、この台は特に)面食らいましたが、慣れれば平常心を保てます(笑)

要は全然期待できない際にも、初めて見るとむちゃくちゃ期待できるんじゃないかと勘違いさせるような演出が多いということです。

少なくともオレはそのように受け止めました。

そういったのが煩い方はサンセイフラッシュカスタマイズをすると良いでしょう。フラッシュが起きなければまず当たりませんので(笑)

サンセイフラッシュは液晶右下にある役物の小さなsの文字が光り、もの凄い音を伴いますので直ぐに気が付きます。

鳴ったらむちゃくちゃ気持ち良いですが、数時間はまった場合は苦痛です。当たり前ですね(笑)

確変中の演出

確変中の演出は日本がゴールすれば16R確変、敵がシュートを打てば通常転落の危機です。

1~100、101~200、201~と演出発生頻度が変化し、201回転以降はリーチ発生で当り濃厚です。

それまでは、7テン、PK以外はあまり期待ができません。

敵がシュートを打った後は問答無用で当り演出になるのですが、割とV入賞の期待も持てます。

個人的な感覚では、敵のシュートに味方が触れるかどうかが肝で、触れなければ終わりを覚悟します。

時短中

時短中は煽りが酷いので、レインボーが出なければ外れと思っていた方が精神衛生上、都合が良いでしょう。

個人的に良いと感じた理由

タイトルでも思いの外面白いとしましたが、ちょっと癖になってます(笑)

スペックも尖り過ぎず、かと言ってマイルドでも無く、個人的に新基準の中では好きなスペックです。

右打ち時の止め打ちの簡単さも良いんですよね。よっぽど鬼の様な釘にしていなければ、現状維持は可能です。(下手くそでも)

それらは大前提なのですが、演出と音、これらが良いのでしょうね。

演出ははっきり言って意味不明なんですが、しつこいくらいのバイブでしょうか?原因は定かではありませんが、また打ちたいんですよね(笑)黄金世代の鼓動が真ん中に止まったって全然期待できないのですが、ブルブル、ブルブルするんです。

音は製作段階でのミスか?と思うくらい、大きくすると割れます(笑)ただ、何となくそれも良いんです。

たぶん、これは打ってみないとわからないと思います。なんじゃこりゃ!?から、割と良いじゃん!と2日くらい打ったら、気づいたらなってました(笑)

しかも、キャプテン翼は世代ではあるのですが、特に個人的には惹かれるアニメではないことから、牙狼の抱き合わせと噂される当機種ということで、牙狼の次回作が少し待ち遠しくなっています。

最後に

サンセイの台に陰りが見えてきた今日この頃、CRキャプテン翼黄金世代の鼓動の登場によって、少しだけ希望が見えてきたような気がします。

そう言えば、牙狼の前にジューシーハニー2がライジングサンセイの筐体で出るようですので、そちらにも期待ですね🎵

ただ、結局は新基準。

北斗無双、聖闘士星矢、RAVE、新花、まどかやシンフォギア等の1種2種があるので、ものすごく流行ることは考え難いですね。

皆さん、高継続が好きですもん。やっぱり。

牙狼がホールに都合の良い台に成り果てたこともあって、新台牙狼には甘い仕様をお願いしたいですが、65%に客が付かなきゃ甘くしようもないですね。

スペックの差はどうやっても埋められないでしょうから、サンセイさんとしても辛いところでしょう。

そんなオレは、今日もこっそりキャプテン翼を楽しむことといたしましょう。

コメント

  1. ななか より:

    ガロ好きなのですが、前回のガロがあまりにもボーダーが辛くて玄人が付かず、一般客も付かずに閑散としていたので残念に思っていました。サンセーの再興をかけたキャプテン翼打ってみたくなりました!詳しい演出レビューありがとうございます♪

    • おっさん より:

      コメントありがとうございます!
      なんだかんだ牙狼には期待してしまいますね!牙狼翔も面白くないことはないのですが、、、
      次回作は流行ることを祈ります。