CR犬夜叉ジャッジメント∞が楽しみ過ぎる件、CRうしおととらの進化版【仕組み】

皆さんはCRうしおととらを覚えていますか?そう、デジパチに天下一閃役物を引っ提げて登場したあの台です。

そのCRうしおととらの待望の後継機、CR犬夜叉ジャッジメント∞が2018年6月4日に導入開始です。今度は新たな役物でV入賞時は100%確変に入るので、より魅力的な機種と言えるでしょう。

個人的には犬夜叉というのもナイスです。

スペック

うしおととらと同じで、小当りを引けば役物チャンスとなります。

普通の1/319の当りもありますが、こちらは例の如く、ほとんど期待ができないので、あまり気にしなくても良いでしょう。

役物がメインの台です。

スペックは2種類あり、EXとSPです。詳細を書いていきますね。

●EXスペック

小当り(役物チャンス) 1/99

役物突破率 1/4.5(調整により変動)

右打ち時 1/5.5

時短+保留 4+4=8回

継続率 約80%

【V入賞時】

100% 4R 504玉(払出)

【右打ち時】

51% 16R 1,890玉(払出)

49%  4R  504玉(払出)

●SPスペック

小当り(役物チャンス) 1/69.9

役物突破率 1/4.5(調整により変動)

右打ち時 1/6.1

時短+保留 4+4=8回

継続率 約75%

【V入賞時】

100% 4R 504玉(払出)

【右打ち時】

51% 16R 1,680玉(払出)

49%  4R  448玉(払出)

このようなスペックとなっています。

EXスペックが実質的な大当り確率(1/319も入れるともう少し上がりますが)が1/445で、1回の当り、平均約1,200玉が約80%でループするといった感じです。

SPスペックは実質的な大当り確率が1/315で、1回の当り、平均約1,000玉が約75%でループする仕様となっています。

爆発力はありそうですね。

そして今回、うしおととらで使用していた役物

↑こんな役物から一転、新役物を搭載してきたのです。

↑こちらですね。

馴染みのある天下一閃の役物から、かなり変わった役物へと変化しました。

少しわかり辛いかもしれませんが、とにかく真ん中の穴に入れば当りです。チャンスはその隣の穴に入るまで継続します。

右端、左端に上へ動くベルトコンベアがありますので、玉が上まで運ばれて、真ん中上部の回転体に上手く入り、丁度中心で玉が下に落ちれば当たりそうですね。

EXスペックにせよ、SPスペックにせよ、まずは小当りを引いて、役物を突破すること。そうしたら高継続の確変突入という塩梅です。

先行導入されたホールでの実績がYouTubeで配信されていました。

個人的には期待の1台

CR犬夜叉ジャッジメント∞は今わかっている新台の中で最も楽しみな1台です。

前回のCRうしおととらとの相違点はV入賞で100%確変に入るところと、継続率の高さです。

うしおととらも犬夜叉も1種2種混合機ですが、どちからと言えば犬夜叉は、魔法少女まどか☆マギカやシンフォギアと似ています。

役物経由で確変に入るか、デジタルで入るかの違いですね。

今のパチンコで高継続を実現するには、1種2種混合機しかあり得ないので、工夫を凝らして色んな台が出ることは遊戯者として喜ばしいことです。

結局、パチンコを打つことの目的は「当てること」、そして「連チャンさせること」ですので、1種2種は重宝されます。

また、犬夜叉というコンテンツは世代的にドンピシャなんですよね。

歌がELTというのも最高です。

役物の出来で流行るかどうかは左右されそうですが、ホールには上手く使ってもらって長寿台にしていただきたいです。

最後に

役物を使った高継続台というのは、自分の中であまり覚えがありません。

Vに入れば75%、80%ループの確変に突入すると考えれば、心臓のドキドキが止まらなくなりそうです。

少し心配なのは、小当りの煽り、CRうしおととらが酷かっただけに不安ではありますが、そのあたりは上手く調整してくれていることを願います。

CRうしおととら初打ち感想

個人的にはある程度煽りがひどくてもうしおととらが楽しめたので、楽しめることは間違いないと思うのですが、流行らないとホール側も甘く扱い辛いと思います。

犬夜叉と役物と1種2種混合機のハーモニーは2018年6月4日から楽しむことができます。