パチスロと宝くじは似て非なるもので似てるもの

パチスロを宝くじで考える。一見何の得にもならないようなことですが、パチスロを打つ上で非常に役立つ考え方です。

宝くじ

今回パチスロを考える上で比較する宝くじは、サマージャンボや年末ジャンボなどの一般的な1枚300円の宝くじとします。

宝くじの還元率はみなさんもご存知の通り50%を切る悲惨な数字となっています。

自分は宝くじを買うとしたら、10枚の連番しか購入しませんが、300円しか当たったことがありません。

でも、なぜ宝くじを買うかと聞かれたら、1等の恩恵がすごいからに他なりません。1等が当たれば、一生かかっても稼げないほどの大金が手に入るからです。

確率にして1/1000万、正に夢としか言いようがありません。

還元率とは

では、還元率についておさらいしてみましょう。宝くじの還元率50%を元に考えます。

例えば100枚の宝くじを発行します。1枚300円で販売しますので、発行元には30,000円のお金が集まります。

この内、50%の15,000円は発行元へ、残り15,000円は購入者へと振り分けられます。

ここで大事なのは、当りくじの当たりの配分をどのようにしたとしても、還元率はかわらないということです。

当たりくじを1枚にして15,000円にしても、100枚にして150円にしても還元率50%です。

期待値で表現すると

(1枚の平均還元額)➖(1枚の平均投資額)

150円➖300円=▲150円

と計算できます。

宝くじの攻略性

宝くじに関しては攻略性は皆無です。

簡単に言えば、どれだけ考えても当たりの確率を上げることはできない、ということです。

攻略性とは合理的、理論的に戦略を立てた場合に平均還元額を底上げできる可能性です。(合法的に)

合法ではありませんが、考えられることとしては、宝くじの運営側と共謀して強制的に当たりを引くことくらいです。捕まっちゃいますね!笑

ですので、宝くじは運否天賦のギャンブルで、誰が買っても還元率や期待値が変わらないものであると言えます。

攻略性も無く、還元率も最悪であるのに購入者が大勢いるのは、還元する金額の配分を極端にしているからです。

平凡な日常の中で蜃気楼のような存在、それが宝くじです。

もし、大真面目に宝くじで一儲けしようと考えている人がいるとしたら本当のおバ◯さんか、宣伝屋か、内通者くらいのものです。

パチスロの還元率

いよいよここからパチスロの話です。宝くじの還元率が50%に対して、パチスロの還元率は97%ほどと言われています。

数字で見るとすごい違いですね。

宝くじの最小単位は300円で、1枚買う度に150円損をすると計算できましたが、これをパチスロに置き換えると300円投資する度に9円損をすることになります。

(宝くじ) 300円✖0.5=▲150円

(パチスロ) 300円✖0.03=▲9円

計算は簡単ですね。

300円分賭けても291円は還ってくる計算です。宝くじと比べると破格です。

ですが、同じ金額を賭けた場合の効用が違います。効用とは満足度、いわゆるコスパのことです。

自分は10枚の宝くじを買うと、万が一当たっていた場合を想像し、還元率など度外視でドキドキワクワクします。10枚ですので3,000円です。

一方パチスロはというと、1枚20円でメダルを借りて、3枚を投入して1ゲームの遊戯をします。60円で1ゲームです。

宝くじの3,000円に合わせると、パチスロは50ゲームを遊戯するということです。

はっきり言って、全然満足できません。パチスロを打ったことのある人はわかると思いますが、2,000ゲームくらいは遊ばないと打った気がしません。時間にして2時間半ほどです。

2,000ゲームというと

2,000✖60円=120,000円

の投資額だと計算できます。この 内、3%は理論上損をしますので

120,000円✖0.03=3,600円

の損だと計算できます。

あくまで自分の場合ですが、同じくらいの満足度を得るには、このくらいの差があります。

宝くじは

3,000円✖0.5=1,500円

の損に対して、パチスロは3,600円の損ですから、心を満たすには倍以上の金額が必要であることがわかります。

これは配当の仕組みが大きく作用します。還元率は低くとも億の金額を手に入れられる可能性のある宝くじに対して、パチスロは精々数十万ほどしか望めません。

しかも、パチスロの場合はある程度まとまったゲーム数を遊戯しないと少額さえ手に入れるのが難しいのです。

宝くじはほとんどの場合、300円しか当たりませんが、高額当選を狙うものなので少額の当選は初めから眼中にないような感じになっています。負けて当たり前ということを受け入れています。

ですが、パチスロは還元額を小分けにすることで、勝率が宝くじの比じゃありません。勝って当たり前とは言わないまでも、負けずに遊びたいという考えが出てきます。

結果、パチスロは勝って満足するギャンブル、宝くじは負けて満足するギャンブルと捉えることができます。

パチスロの攻略性

また、パチスロには現実的な攻略要素が備わっています。それが設定と言われるものです。

設定は6段階あり、設定の数が大きくなるほど還元率が上がります。設定3くらいからは還元率が100%を越えます。

しかも、その設定には還元率以外に差が用意されており、遊戯中にある程度予測が可能なものとなっています。

その100%を越える台を追いかけてパチスロを打つ人が大勢いるのです。

それらの還元率の違う台全ての平均還元率が97%になっています。

ですので、パチスロで合理的、理論的に戦略を立て、勝ちを目指すという行為は成り立ちます。

ですが、店は利益を得るために営業しているので、ほとんどの人が高設定の幻想を抱いて、負けているということになります。

結論

宝くじとパチスロは一見全く違うものですが、結局のところは還元率と期待値に支配されたギャンブルです。

そこさえ押さえておけば、痛い目を見ることなく、うまく付き合っていけるはずです。

自分はパチスロがかなり好きで、毎週のように打ちたいので、そのことを強く意識しています。

勝つ打ち方よりも、負けない打ち方を心がけ、末永くパチスロを楽しみたいです。