こんな裏モノあったら嫌だ!ジャグラーREGバージョン

201X年世界は正規基盤の闇に包まれた。裏モノは絶滅したかに見えた。だが、裏モノは絶滅していなかった。

最近、凱旋で天井単発を7回連続で喰らって気がおかしくなったおっさんが裏モノについて語るの巻き。

裏モノとは

5号機からパチスロを始めたひよっ子達は裏モノの存在をあまり知らないだろう。

裏モノとは見た目は普通のパチスロだが、中の基盤を改造された遊戯機である。

裏モノとの出会い

オレが初めて裏モノと出会ったのは大学生の頃、パチスロの知識がまだあまりなかった頃だ。

当時のオレは金も無く、比較的安心して打てるAタイプを中心に履歴重視の立ち回りをしていた。

その日も何時ものように良い履歴の台があるか徘徊していたところ、1,000回転でBIG20REG0のニューパルサーを発見したのだ。

これは高設定の期待大と思い、すかさず台を確保して解析を確認した。すると、設定6で合算1/120程度と出たので意気揚々と打ち出したのである。この時オレは異常なまでのBIGの偏りを怪しむべきだった。

2,000回転ノーボーナス、有り金全て突っ込んでの完封負けだった。そう、これがオレとBモノの出会いである。

後で確認したところ、全20台あるニューパルサーの島の過去最高BIGはどの台も100回を超えていた。今のマイジャグ程の確率の台であるにもかかわらず。

裏モノを設置する理由

この話は4号機時代の事だが、その当時も今と同じように、いや今以上に爆発力に欠けるAタイプは不人気であった。

そこでBモノを使うことによって、射幸心を煽っていたのだ。

実際、別の日にイベントだということでニューパルサーを打ったところ、ボーナスが32G以内に36連チャンし、一撃万枚を達成した。

その時初めて知ったのだが、それが正に鉄火場というものであった。射幸心煽られまくりである。

その他には5連以上するとラオウを昇天させることが確定する「北斗の拳ラオウ昇天ver」や5G以内にボーナスが連チャンする「めんそーれGODver」等があった。

裏モノは存在するのか!?

さて、今現在裏モノは存在するのだろうか?ということについて触れたい。

これまでの自分の経験をまとめると

 裏モノを作る技術は10年以上前から存在する。

 裏モノが使われるのは打ち手の射幸心を煽るためである。

そのホールは当局の監視の目があったにもかかわらず今でも普通に営業している。

といった具合だ。

裏モノは絶対に無いと言い切る人

皆さんの周りにも数人存在するだろうが、裏モノは絶対に無いと言い切る人がいる。

それは正直おかしいと思う。なぜなら、全国にホールは10,000店近くあり、台数にすると100万台以上は軽く超えている。

嫌な奴かもしれないが、「全ての台を調べたことがあるのですか?」と聞いてみたい。おそらくないだろう。

また、ハイエナなどで実践して勝っているからBモノは無いと言う人もいる。正直それも理由薄弱で根拠に欠けると感じる。

更にホール関係者で、今は裏モノは無いと言う人もいる。ホールは企業が営業している。全国のホール全てが同じ団体によって組織されているのならまだしも、他の会社の事情なんて分かるはずがない。

なので、こればかりは誰にも分からないというのが正解だと思う。

裏モノは絶対にあると言い切る人

こちらは無いという人に比べるとまだ信憑性がある。なぜなら、その裏モノを設置している当事者である可能性があるからだ。

絶対に無いというのを否定するのは容易い。現在設置されている裏モノを根拠を挙げて白日のもとへ晒すだけなのだから。

だが、誰もそんなことはしない。

ユーザー目線で見つけるのが手っ取り早い。明らかにおかしな挙動の台を見つければ良い。

ただ、オレはここ近年、明らかにおかしな台に遭遇したことはない。

ジャグラーREGver

最後にこんな裏モノがあったら嫌だ!と思う台を書く。名付けて

「ジャグラーREGver」だ。

ジャグラーの設定狙いは今ではほとんどのユーザーに浸透している。

YouTubeなどの無料動画でライターの立ち回りを見るのが簡単な時代。昔よりも立ち回りのセオリーが伝わり易い環境である。

ジャグラーは合算とREG確率を見て選択するように印象付けられているはずだ。実際に高設定程REG確率の良いジャグラーは多いので理にかなっている。

ホールのメリット

オレの考えるジャグラーREGverはホールにとってかなりメリットがあると思う。

なぜなら、高設定を使用していると思わせて利益を取ることができるからだ。

例えば、アイムジャグラーの設定6は合算が1/134でBIGとREGの比率が1:1であるが、これを合算はそのままか少し良いくらいに調整し、機械割が100%未満になるようにBIGとREGの比率を調整する。

すると、ホールは高設定を使っているように見えるし、更には利益を得ることさえできる。正に一石二鳥だ。

打ち手はBIGの引き弱だと判断するだろう。

良心と監視の目を信じるしかない

正直こんな裏モノを使われたらお手上げだ。パチスロはホールと打ち手の信頼関係によって成り立っている。

とは言え、裏側を見ることができないのでどうしても疑ってしまう。

また、世間をあまり知らない若人達は監視の目が無いとインチキを働く企業が多くあることに気がついていないかもしれない。

そんな彼らが餌食にならないことを切に願うばかりである。

結局のところ、当局が目を光らせ監視体制を十分にすることによってしか、Bモノを防ぐ術は無いように思う。

規制を強化するばかり考えていると、どうしようもなくなったホールが牙を向ける日も近いかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする