【原二バイク】防寒とそれに伴う弊害の解消【シールド曇り防止】

12月に入るといよいよ冬本番といった感じですが、元気にバイク乗りを楽しんでいますでしょうか?

私は楽しんでいます♪

ただ、油断をしているとバイクに跨がるどころじゃない!!

寒くて寒くて我慢が出来なくなります。

バイクに乗るのに寒さ対策をしないのは無謀にも程かあります。

と言うわけで、今回は防寒とそれに伴う弊害対策をご紹介します。

防寒対策

バイクの防寒は至ってシンプルです。

何を身につけたら寒さが凌げるのか?

そして、何を買えば必要以上にお金を使わなくて済むのか?

ということです。

コスパが良いもので寒さを乗り切ろうという魂胆ですね。

防寒ブルゾン

アウターですね。

私がご紹介するのはライダースーツのようなゴリゴリのバイク乗りが着るようなものではありません。

安価だけど風を通さず、それでいて見た目も悪くない「防寒ブルゾン」です。

サイズもSS~5Lと、かなり幅があります。

女性から男性、細い方から体の大きな方まで着ることのできる商品です。

私はこのブルゾンを着るようになってから上半身が寒いと感じたことは一切ありません。

防寒タイツ

パンツの下にタイツを履くのは防寒に効果的です。

有名な洋服屋さんも色んな商品を出していますね。

その中でもあまり知られていないでしょうが、かなりの効果を発揮するタイツがあります。

京都肌着本舗さんの「ヒートサーモ」です。

この商品に出会ってから冬場は手放すことができません(笑)

私の使用方法はこのタイツの下にもうひとつ少し薄めのタイツを履きます。

これなら走行中に足がむき出しでも寒さを感じることはほとんどありません。

ネックウォーマー

冬場になると首に巻くあれですね。

私が使用しているものはネックウォーマーというよりもフェイスウォーマーと言うべきかもしれません。

なぜなら目以外は覆われているからです。

マスクみたいなものです。

はじめ私もネックウォーマーというだけあって首だけを気にしていたのですが、直ぐに気がつきます。

気にするべきは「鼻」と「耳」だと。

体から飛び出してる鼻と耳は冬の風に晒され感覚が麻痺するほどに冷え込みます。

ですが、この商品を手に入れてからは全く問題にならなくなりました。

しかも肌触りが凄く良いんです。フリース素材でぽかぽかですよ。

防寒による弊害

これらの商品を駆使して冬を乗り越えてきた私ですが、ひとつだけ困ったことがあります。

それは「シールドの曇り」です。

先ほどご紹介したマスクの隙間から自分の吐息がもれ出してシールドが曇ること、曇ること。

視界良好でも事故の危険があるのにシールドが曇ってはもはや適切な走行すらできません。

自分の吐息でシールドが曇って事故するなんて皮肉なことこの上ないですね。

ですが、この曇りを一発で吹き飛ばすものがあるんです。

曇り止めスプレー

このスプレーの使い方は非常に簡単です。

まずは自分のヘルメットのシールドを綺麗に布等で拭きます。

そして、スプレーをシールドの内側に5~7回満遍なく吹きかけます。それを丁寧に全体に馴染ませます。

ここで注意ですが表面には吹きかけないようにしましょう。事故の原因になります。

私はこのスプレーのお陰で防寒をしても快適にバイク乗りを楽しめています。

まとめ

今回ご紹介した防寒をしている私は都内よりほど近い市街地に住んでいます。

休みには海や山に行くこともありますが、基本的には街中を走っています。

ですので、その程度の防寒であると思ってくださいね。

当然、暑がりな人もいれば、寒がりな人もいるでしょうから、ご自分に合ったものを選ぶことが重要です。

みなさんも寒さ対策をしっかりして冬でもバイクを楽しみましょう。