血液型の性格・特徴と相性・個人的な経験談【B型篇】

「血液型による性格診断」

この言葉は私が子供の頃から

いや、私が産まれるずっと前から巷で溢れている話題です。

実はこの「血液型」。

世界的に見ると「日本」と「韓国」だけの流行らしく

そこまで信憑性の高いものではないようです。

日本と韓国では程よく全ての血液型の人が存在し、閉鎖的な環境だからというのが理由のようです。

また、そのネタを食いものにしている「メディア」の影響も大きいでしょうね。

血液型は話の取っ掛かりにしやすいですし、恋愛とも結びつきやすいので

良いコミュニケーションツールとなるのでしょう。

この現実を踏まえた上で、この「血液型による性格診断」をどう捉えるのか?

「信憑性ないんだからほっておけば良いんじゃないの?」

と言えば、そうなのかも知れませんが

「逆に」上手く使うことを考えて損はないかと個人的には思うのです。

なぜなら、血液型による性格診断が「嘘」であったとしても、長く触れ合うことにより

日本人に取っては「真実」になっている可能性が高く

知ることによって、コミュニケーションを円滑にし、友人関係や恋人関係に役立てられる可能性が大きいからです。

しかしながら、一般的に言われていることを全て真実として受け止める訳ではありません。

「いや、ここは違うでしょ!?」

ってのが個人的にあるんですよ。

ですので、

ここでは、一般的に言われている血液型の特徴と実際に自分の人生で経験してきた血液型との関係性について書きたいと思います。

それではご覧ください。

B型

B型はあっけらかんとした明るい性格で、人を惹きつける魅力があります。

基本的におおざっぱで細かいことは気にすることはありません。

ファッションは奇抜で派手なものを好み、人と同じことが嫌いで、誰よりも目立ちたいと思っています。

気分にむらがあり、イライラしているときに話しかけられると耐えられません。

理性よりも本能で行動するので「したいこととしたくないこと」の区別がはっきりとしています。

そういった特性があるためか、オタク気質な面を持っており、好きなことにはとことんはまってしまうことが多いようです。

好きなことができてしまうと、他のことが疎かになってしまうとこともあります。

人のペースに合わせることが苦手で、周りを巻き込んでも自分のペースに持っていこうとします。

動物に例えるなら「猫」で、非常にマイペースです。

時間を守るのが苦手で揉めることもありますが、直そうとすることはないでしょう。

好きな人ができるととことん優しくしますが、好きな人以外には基本的に冷たいです。興味がないので、優しくする必要がないと思っています。

恋心が芽生えるとその人のことしか見えなくなり、相手が引いていてもどんどんアタックします。

サバサバしているので、失恋しても引きずらず、すぐに新しい恋ができます。

浮気をしがち。ついつい本気になってしまうことも多いです。

B型のルーツ(日本人口比率:22%)

1万~1万5千年前にヒマラヤ山岳地帯に現れた遊牧民族が起源だと言われています。

その後、白人種と蒙古人種の混血種が居住するインドやウラル地方で拡大していきました。

現在では、インドでは多くの人がB型です。

●長所:マイペース、好奇心旺盛、プレッシャーに強い

●短所:飽きっぽい、自己中心的、団体行動は苦手

●B型の生き物:ウシ、クジラ、カメ、ゴリラ

●B型が多い国:イラン、パキスタン、インド

●適職:詩人、画家、デザイナー、芸能関係

B型に対する個人的印象

私のB型に対する印象。

それは、オタクでマイペースです。

B型の人は自分のやりたいこと以外に興味が無いように見え、ペースを崩されると露骨に嫌な態度を取る人が多いように思います。

明るくて人を惹きつけるというところは、目立っているB型の人にこのようなタイプが多いだけで

けっこうおとなしい人も私の周りには多いです。

ファッションもまたしかりですね。

また、私の知り合いのB型の人は浮気性な人があまりいません。

ただ、嘘をつくのがヘタで、周囲に感情が漏れ出している人が多い印象があります。

浮気をしたり、好きな人ができたらすぐさまバレるので、プレイボーイやプレイガールが多いといった取られ方をしているのではないかと思います。

B型との相性

B型と他の血液型との相性を見ていきましょう。

一般的に言われている内容を挙げていきますね。

例えばここで相性が最悪の相手とは、無理にこの話題を提供する必要はないと思いますが

相性が良いとされている相手ならば、良好な関係を作るきっかけとなるコミュニケーションツールとなるかもしれません。

B型とA型

一般的に最悪の組み合わせが、このB型とA型です。

A型は真面目で曲がったことを嫌いますが、B型は世間体を気にしない自由人です。真逆ですね。

恋愛においては強く惹かれあうことも多いようですが、長く付き合っていくと衝突が絶えなくなってきます。

B型がA型に合わせてしっかりするか、A型がB型に合わせて適当になるか、どちらかが相手に合わせることが必要です。

B型とB型

熱しやすく冷めやすい組み合わせです。

新しいもの好きのB型同士は初対面のときにはお互いが興味を持って接するので、仲良くなることが多いです。

上手くいけば、その日のうちにお付き合いなんてことも!?

しかし、交際を始めると思ったよりも面白くなく、すぐに別れてしまうことも多いです。

お互い我が強いので、相手の意見にどちらかが合わさなければいけません。

B型とO型

B型からするとO型はおおらかで話しやすい印象ですが、O型からするとB型は無神経にズバズバ言ってしまう性格なので、少し距離を置きたい存在です。

しかし、長い時間をかければB型に悪気のないことがわかり、知らないうちに好きになっていることが多いでしょう。

O型は相手に合わせることが上手いので、長く付き合えるカップルです。

B型とAB型

B型は寂しがり屋な面がありますが、ABは自立しているので、B型は少し冷たく感じてしまうことがあるようです。

B型は気になるとアタックがすごいので、人見知りなAB型が引いてしまうこともあるでしょう。

AB型は1度引いてしまうとなかなか元の状態に戻りませんので注意が必要です。

相性に関する個人的見解

友人関係の相性は、割とどの血液型とも仲が良いというのが個人的印象です。

A型の人はB型の人が苦手とされていますが、この組み合わせで行動していることを良く目にしますし

「だからB型は嫌なんだよ」

っていうような冗談ぽい掛け合いはありますが、けっこう上手くいっている感じを受けます。

恋愛に関しては、私の祖父と祖母がB型とA型ですが、

祖父が亡くなるまで70年弱、夫婦生活を続けていました。

ですので、2人の相性が悪いという評価は、私の中ではとてもじゃないけど受け入れられないものですね。

じいさんとばあさんになっても2人で出かける夫婦の相性が悪いと誰が思いますか?

2人とも相手を気遣い、幸せに暮らしていましたよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

血液型による性格の特徴や相性は

「あーたしかにな~」

と思う人や

「そーかな~?」

と感じる人もいるでしょう。

ただ、どのような方も、もう1度確認しておいて損ということはないと思います。

それくらい日本では血液型が浸透しているので、相手のことを知るきっかけとなります。

相手の血液型と相性が良い場合は仲良くなるチャンスですし、

相性が悪いとされていても、その定説を覆せば、より深い関係になれるかもしれません。

しかし、血液型にこだわり過ぎるのも良くはないと個人的には思いますので、そこまで縛られずに上手く活用できるようにしたいものですね。

昔流行った血液型の説明書を見てみるのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする