血液型の性格・特徴と相性・個人的な経験談【O型篇】

「血液型による性格診断」

この言葉は私が子供の頃から

いや、私が産まれるずっと前から巷で溢れている話題です。

実はこの「血液型」。

世界的に見ると「日本」と「韓国」だけの流行らしく

そこまで信憑性の高いものではないようです。

日本と韓国では程よく全ての血液型の人が存在し、閉鎖的な環境だからというのが理由のようです。

また、そのネタを食いものにしている「メディア」の影響も大きいでしょうね。

血液型は話の取っ掛かりにしやすいですし、恋愛とも結びつきやすいので

良いコミュニケーションツールとなるのでしょう。

この現実を踏まえた上で、この「血液型による性格診断」をどう捉えるのか?

「信憑性ないんだからほっておけば良いんじゃないの?」

と言えば、そうなのかも知れませんが

「逆に」上手く使うことを考えて損はないかと個人的には思うのです。

なぜなら、血液型による性格診断が「嘘」であったとしても、長く触れ合うことにより

日本人に取っては「真実」になっている可能性が高く

知ることによって、コミュニケーションを円滑にし、友人関係や恋人関係に役立てられる可能性が大きいからです。

しかしながら、一般的に言われていることを全て真実として受け止める訳ではありません。

「いや、ここは違うでしょ!?」

ってのが個人的にあるんですよ。

ですので、

ここでは、一般的に言われている血液型の特徴と実際に自分の人生で経験してきた血液型との関係性について書きたいと思います。

それではご覧ください。

O型

とてもおおらかで心が広く滅多に怒ることはありませんが、1度怒りだすと手が付けられなくなります。

明るい雰囲気が好きなので、空気を読んで行動することができますが

悪口が多いのでトラブルメーカーになることも多くあります。

優しい人が大好きで、きつい性格の人とは仲良くしたいと思っていません。

常に褒められたいという感情を持っていますが、親分肌・姉御肌な人が多く、人を引っ張っていく力を持っています。

行動力は持っていますが、家にいることを好み、ゴロゴロしていることが大好きです。

時間にはどちらかと言えばルーズです。

恋愛では一途ですが、冷たいところもあり、言動がきついこともありますのでケンカをしがちです。

父性・母性が強いのでドラマッチックな恋愛と言うよりも、親子のような関係になってしまうこともあります。ダブルデートは得意。

結婚すれば、家庭を大事にするので幸せになれるでしょう。

O型のルーツ(日本人口比率:31%)

全ての血液型の中で最も長い歴史を持ちます。

狩猟民族が多く、肉を主食にしていました。

由来はアフリカのクロマニョン人で、現在最も多い血液型です。

●長所:社交的、おおらか、小さいことで悩まない

●短所:おおざっぱ、調子にのりやすい、トラブルメーカー

●O型が多い国:アメリカ、ケニア、ナイジェリア

●O型の生き物:植物全般

●O型の適職:タレント、政治家、弁護士

O型に対する個人的印象

O型に対する個人的印象は、大勢でいるのがとっても好きなんだな!

というイメージです。

明るくておおらかでワイワイしている人が多いですね。

私の周りではプライドが高い人が大半で

すごく負けず嫌いだな!という印象もあります。

ただ、負けることは嫌いなのですが、勝負事ではあまり良い成果を残せていない人も多いですね。

O型との相性

O型と他の血液型との相性を見ていきましょう。

一般的に言われている内容を挙げていきますね。

例えばここで相性が最悪の相手とは、無理にこの話題を提供する必要はないと思いますが

相性が良いとされている相手ならば、良好な関係を作るきっかけとなるコミュニケーションツールとなるかもしれません。

O型とA型

A型とO型はお互いに全く違う性格をしているので、とても惹かれあいます。

そのため、仲良くなり恋愛に発展するまでに時間はかかりません。

ただ、A型は理屈っぽいところがあるので、O型からするとちょっと面倒くさい印象を受けるかもしれません。

また、A型から見ても、O型の適当さ加減にイライラしてしまうこともあるので

うまくいくにはお互いの努力が必要です。

O型とB型

B型は思ったことを包み隠さずストレートに言うことが多いので、O型は傷ついてしまいます。

しかし、基本的にB型は悪気がありませんので、長く付き合っていくとそのことに気が付き、良い間柄になれる可能性が高いでしょう。

また、B型は勝手に行動してしまうところがありますが、そこはO型。

持前のおおらかさで補えますので、お互いストレスなく付き合えると言って良いでしょう。

O型とO型

同じ血液型なので相性が良いように思われがちですが、お互いに自分の意見を言い過ぎてしまう傾向にありケンカが絶えません。

また、仲良くなると冷たくあしらってしまうので、嫌な気持ちになることが多そうです。

長く付き合うコツは自分の意見を抑え、相手の気持ちを考えることが重要です。

O型とAB型

AB型は引っ込み思案なので、O型がきっかけで仲良くなることが多いです。

長く付き合えば、AB型のミステリアスな部分にO型がのめり込んでしまうことも多いようですが

AB型は心を開くまでにかなりの時間を要しますので、O型が飽きてしまう可能性もあります。

O型の優しさにAB型は安心しますので、付き合い始めれば長く続く組み合わせです。

相性に関する個人的見解

O型の人はみんなとワイワイするのが好きなので、どの血液型の人とも楽しめる印象があります。

ですので、友人が多いというよりは、その場の人達と楽しめるっていう感じですね。

ただし、けっこう辛辣なことを言う人が私の周りでは多く

険悪な感じになることも多々あります。

恋愛では、旦那さんがO型、奥さんがA型というカップルを知っていますが

旦那さんがとても家族を大切にしているという印象を受けます。

ただし、一緒にいる時は完全に尻に敷かれているようで、奥さんが主導権を握っていますね。

その人はけっこう負けず嫌いなのですが

愛する奥さんのことは何でも受け入れているのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

血液型による性格の特徴や相性は

「あーたしかにな~」

と思う人や

「そーかな~?」

と感じる人もいるでしょう。

ただ、どのような方も、もう1度確認しておいて損ということはないと思います。

それくらい日本では血液型が浸透しているので、相手のことを知るきっかけとなります。

相手の血液型と相性が良い場合は仲良くなるチャンスですし、

相性が悪いとされていても、その定説を覆せば、より深い関係になれるかもしれません。

しかし、血液型にこだわり過ぎるのも良くはないと個人的には思いますので、そこまで縛られずに上手く活用できるようにしたいものですね。

昔流行った血液型の説明書をやってみても良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする