シンデレラブレイド3はこう出す【1撃4,500枚】

新基準仕様のシンデレラブレイド3。かつて流行った機種ではあるが、出る気がしない。新基準機だからだ。

避けていたが、髭原人さんが打っていたので挑戦してきたら、ムフフな結果である。

通常時フロー

今回のシンデレラブレイド3はA➕ARTとなっており、純増ボナ込2.0枚の台だ。

ARTへのルートは通常時に引いたレア役からのCZ抽選とボーナス中の抽選である。

設定差はCZ確率(1/100~1/200)、ボーナス確率(1/150~1/200)で、良くありがちなパターンだ。

ある程度のまとまった出玉を手にするには特化ゾーンの「おしりペンペンタイム」に入れるしかなく、突入契機は2通り。

1つはART中に引いたボーナスで、自分のHPが0になる前に、ベルとレア役で相手にダメージを与えて勝利すれば突入する。(自分も相手もHP10、対戦相手で勝率が変化)

もう1つは呪いポイントで、ART中に、ある条件をクリアすると溜まる。表面上は見えないが、ポイントが溜まれば性能の良い「おしりペンペンタイム」に突入する。

主にはボーナスからの当選で、対戦相手によって期待度が変わるが、平均すると50%弱の勝率らしい。

設定1のボーナスが1/200くらいなので、1/400で引ける計算だ。

初期ゲーム数40G、「おしりペンペンタイム」以外の上乗せが絶望的な本機なので、ボーナスを引けるかどうかが勝負の決め手となる。

おしりマスターオレ

オレはアホだ。

アホ過ぎる。

そう思いながら、シンデレラブレイド3を40ゲームくらいから回していた。

15,000円を使った時、CZから当選。

50枚は出てくれよ!と思いながらARTスタート。

なぜか呪いが溜まっていたようで、いきなりおしりペンペンスタート。

ここでは120ゲームほど上乗せする。

これだけゲーム数があれば、ボーナスを1回は引いて、せめて夢を見させてくれと願っていると、ボーナスゲット。

2番目に勝率が高い相手と闘って、特にすごい役を引いた訳ではないのに

なぜかレインボー。

おそらく、かなり薄いところを引いたのだろう。該当ゲームでは押し順ベルの入賞。

緊張しながら、左手で、連打、連打、連打。

ドっしーん!!

これで勝負は決した。

ボーナスを途中で10回引き、呪いも2回溜まり、おしりは5回くらい叩けて、2,000ゲーム強消化の4,500枚でフィニッシュ。

初打ちでこの結果に大満足。おしりマスターの称号を得た。

まとめ

かなり敬遠されがちな新基準機だが、思い込みが激しかったようだ。

歯車が噛み合えば、かなり出てくれることを知ったし、シンデレラブレイド3においては、特化ゾーンへの契機がわかり易くて好印象であった。

ボーナスさえART中に引ければなんとかなる台。それがシンデレラブレイド3だ。