「いろはに愛姫(政宗の嫁)」のシステムが斬新すぎる!?これは流行る予感!!さすがは大都技研

2020年3月導入予定の「いろはに愛姫」は、技術介入ならぬ知識介入の機種とのことです。

設定は左、中、右、設定6の4段階。

なかなか聞き慣れない設定です。

仕様を知れば至極分かり易い設定の区別なのですが、、

今回はそのいろはに愛姫に期待を込めてご紹介します。

タイプはA+ART機

いろはに愛姫はいわゆるA+ART機のようです。

BIG(純増150枚)、REG(純増40枚)

合算が設定6で1/123、それ以外で1/158となっています。

本機はBIG後、必ずARTに突入し、

最低30ゲーム、純増0.3枚という性能です。

純増は低いので、メダルを減らさずにボーナス連打によって出玉を増やすタイプですね。

ART中は七揃いのカットインが発生し、揃えることによってARTゲーム数を加算する

シンプルなゲーム性のようです。

気になる知識介入と設定差

いろはに愛姫の知識介入と設定差は、ART中の七揃いにあります。

ART中の七揃いは3択になっており、

設定左は左の正解率が高く、中は中、右は右の正解率が高くなっています。

比率は、50%:25%:25%

この前提条件を知らずに打つと損をする可能性が出てきます。

だから、知識介入なんですね。

ちなみに25%を押し続けた場合は、機械割97%に

50%を押し続けた場合は、104%の機械割になるようです。

まとめ

この「いろはに愛姫」

上手くすれば、あのディスクアップを抜くヒットになるのでは?

と思っています。

ディスクアップは設定1でも完璧に打てば、

機械割103%の言わずと知れた激甘台です。

目押しもそれほど難しくなく、ビタ押しが苦手な人でも何とか挑戦できる仕様となっています。

とは言え、

隣にゴリゴリの目押し自慢がいたら

ちょっと足踏みしてしまうのも事実です。

変なプレッシャーかかりますからね。

それに引き換え、いろはに愛姫は押し順を予測するだけで

ディスクアップを凌ぐ機械割になります。

ホールとの駆け引きも楽しめますね。

情報が出回る世の中でも、知らない人は中にはいる。

私が店長なら、まず設定左は使いません。

それを踏まえて立ち回ってみたり、

三重県のオールナイトで、カチカチ使って看破して、

長時間、機械割104%を打つとか。

ワクワクしますね。

まあ、個人的には愛姫が大都の女性キャラで1番好きなので

それだけでも打つ動機となるのですが。

今から導入が楽しみです。