ディスクアップの同色BIGでビタ押しミス2回の機械割

どうもこんにちは。

ディスクアップが大好きな中年サラリーマンです。

今回はディスクアップの同色BIGで何回ビタ押しをミスると、成功率何%で、機械割が何%になるのかということを考察します。

ビタ押し成功率何%で機械割何%!と謳っている雑誌やサイトが多いのですが、1回のビッグで何回「READY!」が来て、その内何回ミスってるなんてメモ付けてないですよね!?

面倒くさいですもんね。

もしかしたら、カイジの三好みたいな人もいるのかもしれませんが、動画に出ているライターさんや演者さん以外では珍しいでしょう。

別にディスってる訳じゃないですよ。凄いな~、マメだな~と思うくらいです。

だって、ディスクアップ打ってる人ってガチで勝ちに行ってる人じゃないですもんね!?

期待値的に見ても、ディスクアップの設定1は他の設定1と比べると劇的に甘いですが、プロが朝一から拾いに行く台ではありませんので。

という訳で、ディスクアップ好きのライトユーザーの方が御自分の機械割と期待収支を判断し易くなればと思い(もちろん自分も)、ザックリとした期待値計算をしたいと思います。

ディスクアップの上乗せなし確率からの逆算

では、どのように期待値を求めていくのか?

同色BIG中の「READY!」の回数は一定じゃないので、大体1回のBIGで何回ミスるかを基に計算すること自体がざっくり計算なのですが。

やはり、1回のBIGで平均何回の「READY!」が来るのかを算出して、ミスる回数の平均を使うのが適当かと思います。

公式に出ている約1/3という数字を使用して、ビタ押し成功時の上乗せなし演出の確率と、ビタ押し成功率が100%だとした場合の上記演出の出現頻度を利用します。

設定別に出てますよね。

●設定1 1/4156

●設定2 1/1032

●設定5 1/517

●設定6 1/258

で、何回の同色BIGに1回出現するのか?

●設定1 150回に1回

●設定2 37回に1回

●設定5 18回に1回

●設定6 9回に1回

ということだそうです。

この上乗せなし確率は「READY!」演出発生以外のフラグも含めた純粋なBIG中の出現率ということなので、こいつを3で割ります。

そうすればおおよその「READY!」回数を把握できます。

そうすると、

●設定1では150回の同色BIGで1,385回

●設定2では37回の同色BIGで344回

●設定5では18回の同色BIGで172回

●設定6では9回の同色BIGで86回

となりますので、同色BIG回数で割ってやりましょう。

●設定1 9.23回

●設定2 9.29回

●設定5 9.55回

●設定6 9.55回

と、計算できます。

分母を大きくするとビタ押し成功率が底上げされてしまうので、小数点以下は切り飛ばしてしまいましょう。

ということで、1回の同色BIGで出現する「READY!」の回数は9回と計算されます。

同色BIGの消化ゲーム数からの算出

では、次に整合性を高めるために同色BIGの消化ゲーム数より「READY!」の回数を計算してみましょう。

同色BIGの最大払出枚数は323枚を超えた場合で、純増251枚です。

323枚を超えるということは323枚では終わりません。324枚以上の獲得で終了します。

はじめに11枚役を1回取り、後は12枚役を取得しますので、323-11=312÷12=26と計算されます。

ですので、11枚役を1回、12枚役を27回の計28ゲームを消化することになります。

同色BIGは3枚掛けですので、8+27×9=251枚と計算でき、純増枚数251枚と合いますね。

ですので、「READY!」の回数は28÷3=9.3回と計算されますね。大体9回です。

平均ビタ押しミス回数から見た成功率と機械割

いよいよ1回の同色BIGで平均何回ミスれば、成功率が何%なのか計算してみましょう。

同色BIG1回あたり平均9回の「READY!」が出るとした場合、ミスる回数別の成功率です。

●平均1回ミス 成功率88.8%

●平均2回ミス 成功率77.7%

●平均3回ミス 成功率66.6%

●平均4回ミス 成功率55.5%

●平均5回ミス 成功率44.4%

と、計算されます。

どうでしょうか?

2回ミスくらいなら良い方じゃないか?と思っていた方は納得できますか?

この計算だと、2回ミスれば80%を切ってしまうんですよね。

ちなみにスロマガさんから出ているビタ成功率別の機械割は

●成功率100% 機械割103.11%

●成功率80% 機械割101.93%

●成功率50% 機械割100.03%

となっています。

ただし、これはビタ以外の完全攻略条件をパーフェクトにした場合の計算であることに注意です。

チェリー、スイカのこぼしはほぼ大丈夫でしょうが、ボーナス察知は微妙なところです。

ですので、多少は厳しめに見た方が良いでしょう。

それでも平均2回ミスくらいなら101%は超えそうなので、やはりディスクアップは甘いですね。

あくまで設定1の比較ですよ。

10,000回転させた場合の投資額は20スロの3枚掛けで600,000円ですので、1%ですと等価で6,000円です。

完璧最賃割れを起こしてます(笑)

まとめ

ディスクアップで小遣い稼ぎをしようとしているサラリーマンさん、いかがですか?

割に合いますか?

もし、小遣い稼ぎをするのであれば、同色BIGで平均2回ミスは心許ないですね~。

せめて平均1回ミスくらいじゃないと金銭的メリットはあまりないように感じます。

しかも等価に限ります。

ただ、私のように負けなければ良い!

休みの日は1日中ホールに入り浸ってディスクアップで遊びたい!

±0で大勝だぜ!!

という方は平均3回ミスでも良さそうですね。

目指すはノーミスですが、そこに至るまでの過程でどれ程のリスクがあるのか、ぼんやりでも参考になれば幸いです。

さあ、ディスクアップ好きのみなさん!

ディスクアッパーのみなさん!

ビタが下手でもディスクアップで楽しみましょう!