【うざガキ】パチスロホールの迷惑行為【老害】

最近ホールに行くと、昔ほどでは無いにしろ、かなり迷惑な客がいます。

オレが思うホールの迷惑行為を列挙します。自分もできていないかもしれませんが、今一度考えてみましょう。

若者に多い迷惑行為

オレの中で若者のイメージ。髪染めて、群れて、気が大きく、調子乗り。昔のオレに当てはまりますね(笑)

目に映る中でも、特に気に障る人間を世代の代表にしてレッテルを貼っているだけだと思うので、ほとんどが良い若者でしょうけど、同じパチスロ好きでも「こら!うざガキ」と言ってしまいそうになる人間がいます。

そんな彼らの行為の中で、特に許せないものを以下にまとめます。

大量出玉で調子乗り

これはですね、特に若者に多いイメージ。あくまでオレがホールで目にしてきた中でのことですが。

「こぜ6(ほとんど6じゃない)」と言わんばかりの勢いで、出玉も伴いブン回しモードに入った時、席にデンッともたれかかって足を組むより幅を取り、隣が空席だと、そこに誰も座れないような座り方をして打っている奴。

正直、注意しない店員もどうかと思いますが、こいつに言ってやりたい。

「ここお前んちだっけ?ねえ、お前んち?」

隣に人を座らせたくない。それは、オレもわかります。特に積もったと確信を持って回している時なんかは、場所を広く取って打ちたいでしょう。

ですが、それはみんなが思うことなんですよね。

別に出ている隣が出ないとは限りませんし、他の人が座る可能性を考えたら、自ずとどう座るべきかわかるはずです。

セルフスペース

台と台の間には間隔があります。そこはタバコの灰皿や飲み物を置くスペースになっていることが多いと思います。

まず島を見渡して、台の並びを確認すれば、左右どちらがその台のスペースかわかります。

オレの経験上、圧倒的に左側が多いです。

で、たまーに左右半分ずつがもの置き場になっているホールもあります。その場合は一目瞭然、すぐにわかります。

でも、ほとんどが片側にしかスペースがありません。

ということは、島で両側のスペースが使えるのは、どちらかの角台1台ということになります。

こんなにくどく説明しなくても、ほとんど全ての人がわかっていることです。

しかし、いるんですね。ホールには不届き者が。

このホールはどう考えても左側だけが物を置けるスペースで、そこはオレの灰皿なのに、灰皿の蓋を閉めてそこに飲み物を置く奴が。

そいつに言ってやりたい。

「ねぇ、ここお前んち?てか、しっかり状況が見えてるの?」

とね。

これも先入観ですが、若者に多いイメージです。

老害に多い迷惑行為

老害という言葉自体が、そもそも迷惑行為を含んだ言葉ですが、あえてここでは代名詞として使います。

オレの考える老害とは、スーツを着ていない中年以上の男女のことです。

一体、あなたはどのような人生を歩んできたのか?世間様とのふれあいで、分別をわきまえてこなかったのか?という人達。

彼らの迷惑行為はこれだ!

台の掛け持ち遊戯

ホールに入るとよく貼り紙を目にします。

「ご遊戯台はお一人様1台にてお願いいたします。」

と。さらに、アナウンスでもしきりに放送されています。

そこまで言われなくとも、ホールにいる人は大体わかっているでしょ?そのくらいのことは。今は昭和ではないのですよ。

ホールを見渡せば、、、

いるではないですか。優雅に隣の台と自分の台を同時に回している御仁が。

なぜ?なぜそんなことするの?

2倍のスピードで負けるだけですよ。

これは特にジャグラーのようなAタイプでよく見かけます。

こんな人は正直こわくて何も言えない。超常現象そのものです。蜃気楼でも見ているようです。

店員さん心中お察しいたしますが、どうか注意してやってください。

目押しを他人にお願いする人

今はホールの人間が、お客さんの台の目押しをすることはご法度とされています。

ですが、タイミングを合わせて目押しができるよう、後ろについて「今っ!今っ!」と声をかけている店員さんを見かけます。

これはこれで、ホールも商売ですから、私も納得できます。

でも、ART機のボーナス中のカットインが出る度、店員さんを呼ぶあなた!

それはさすがにヤバいですぜ!

また、店員さんばかりか、他のお客さんに頼む人。オレも良く頼まれるのですが、別にそのくらいは一瞬だからいいよ。

でも、閉店間際や、こちらが明らかに急いでる時、周りに人がいるのにわざわざオレを呼びに来ること、それは止めようよ。

限度ってもんがあるでしょう?

まとめ

ホールに行けば様々な人と出くわします。もちろん、自分も他人に迷惑をかけていないか気を配りますが、できていないこともあるでしょう。

一人一人が気をつけなければ、イメージを悪くしてホールに寄り付く人が減ってしまうかもしれません。

そうするとホールの儲けが少なくなり、高設定よりも低設定の台が増え、最終的には自分に跳ね返ってきます。

このような皮肉な事態にならないよう、パチスロホールでの行動には十分気をつけて遊びましょう。