【横浜駅】初めての蒙古タンメン中本・オススメの食べ方【登場】

うま辛ラーメンの筆頭。

日本一と呼び声の高い「蒙古タンメン中本」をご存じでしょうか?

カップラーメンも出ていますので、全国的な知名度は高いでしょう。

しかし、実際に店舗があるのは東京がほとんどで、神奈川、埼玉、千葉に数店舗あるのみです。

私の住んでいる地域は横浜駅の近くですが、一昨年の年末にやっとこさオープンしたんですよね。

オープンするや否や、毎日のように長蛇の列です。

それほど美味しいんですよ♪

ただ、蒙古タンメン中本素人からすると、ちょっと頼み方がわらないんですよね。

辛さの度合もわかりませんし、メニューも豊富なんで、食券機の前で迷ってしまいます。

と言うことで、今回は蒙古タンメン中本を楽しむためのメニューの選び方、食べ方をご紹介したいと思います♪

蒙古タンメン中本の定番メニュー

蒙古タンメン中本は辛さを極めたラーメンです。

ベースはカプサイシン、唐辛子系の辛さです。

それ故、辛くないと満足できない!辛さこそ正義!

といった方が多く来店します。

その強者達を納得させるラーメンだからこそ、辛さが尋常じゃありません。

ちょっとくらいの辛い物好きは、その辛さに度肝を抜かれることでしょう。

辛い料理を食べる際に注意しなければならないのは、辛さの調整。

1度辛くなった料理を元に戻すことはできません。

せっかく入店して、食べられませんでしたでは、残念過ぎます。

だからこそ、メニューの選定が重要となってくるんですね。

そこで、蒙古タンメン中本の定番メニューを整理したいと思います。

味噌タンメン(辛さ3)

蒙古タンメン中本HPより

蒙古タンメンのベースは味噌です。

辛さだけを追求したのが蒙古タンメンだと思われがちですが、そんなことはありません。

ただ辛いだけで流行っているだけではなく、辛くする前の味噌タンメンが絶品なんです。

程よく煮込まれた野菜の旨みと味噌のコクのハーモニー。

なかなかこのレベルの味噌ラーメンは食べられません。

辛さは控え目で、辛いのが苦手な友達も

「こんな美味しい味噌ラーメン食べたの初めて!」

と言っていたので、辛いのが得意じゃなくても食べられるレベルの辛さだと思います。

蒙古タンメン(辛さ5)

蒙古タンメン中本HPより

蒙古タンメン中本の代名詞となっているラーメンです。

先ほどの味噌タンメンに特性麻婆豆腐を乗せた一品です。

メニューにある辛さのレベルは10段階ですので、ちょうど中間の辛さですね。

ただし、これはあくまでお店基準です。

中間だからと言って油断すると、辛さにやられる可能性があります。

私も初めて食べた際、想像以上の辛さにびっくりしました。

しばらく通うと慣れてきますが、もしかしたら辛過ぎると感じてしまうかもしれません。

五目蒙古タンメン(辛さ6)

蒙古タンメンHPより

蒙古タンメンに肉辛スープとゆで卵スライスをのせた一品です。

ゆで卵が良い感じに旨さを上乗せします。

こちらは蒙古タンメンに辛さを1足しただけですが、それ以上の辛さUPを感じます。

私が最も好きなメニューです♪

野菜の旨みと肉の旨みを辛さの中でも十分に感じられることができます。

残ったスープを飲み干すようになったら、蒙古タンメン通ですね。

北極野菜(辛さ8)

蒙古タンメンHPより

ここから本当に辛いもの好き以外の人には理解できない領域になります。

先ほどの五目蒙古タンメンの肉辛スープをメインにしたラーメンで、その辛さは凄まじいものがあります。

ただ、野菜が入っていることにより、辛さ一辺倒ということはありません。

辛さの中に微かではありますが、たしかに野菜の甘みがあり、それが病みつきになる人もいます。

私もそんな人間の1人ですが、次の日が休みじゃなければ頼むことはないですね。

それくらい強烈です。

仕事に支障が出てしまいます。

北極ラーメン(辛さ9)

蒙古タンメンHPより

問答無用の激辛ラーメン。

これを頼む際は一切の甘えを捨てなければなりません。

上に乗ったモヤシは気休めにもならず、滝のように流れ落ちる汗に耐えねばなりません。

身体中の穴という穴から水分が吹き出します。

私は1度だけ挑戦しましたが、これにはびっくり。

全て食べ切ることが精一杯で、楽しむ余裕もありませんでした。

強者の女性はこれにさらに卓上の七味をこれでもか!と降り注いでいました。

アマチュアとプロの超えられない壁を感じましたね。

初めての蒙古タンメン中本・オススメの食べ方

では、いよいよ蒙古タンメン中本のオススメの食べ方をご紹介します。

蒙古タンメン中本は並んで入店することが多く、その労力を考えると失敗は避けたいものです。

しかも、辛さ耐性のレベルによらず万人が納得できる店であることは間違いありませんので、

頼み方に失敗して嫌いになったら勿体ないですからね。

是非、参考にしてみてください♪

注文は味噌タンメン(麺大盛)とトッピングで

蒙古タンメンは先ほどご紹介した通り、ベースが味噌ラーメンになっています。

ですので、そこに辛さを付け加えることによって、辛さのレベルを上げた他のメニューを再現できるのです。

辛さの順序は

「味噌タンメン」<「蒙古タンメン」<「五目蒙古タンメン」<「北極野菜」<「北極ラーメン」です。

つまり、全てのラーメンを確かめたい場合、1番辛さレベルの低い味噌タンメンを注文する必要があるのです。

そして、蒙古タンメン中本では、特性麻婆豆腐と北極スープを別で注文することができます。

もうお分かりですね?

味噌タンメンを堪能したら、

特性麻婆豆腐を乗せて食べることで「蒙古タンメン」を

北極スープを入れて食べることで「五目蒙古タンメン」を

北極スープに野菜と麺を入れて「北極野菜」を

北極スープに麺だけ入れて「北極ラーメン」を

知ることができるのです。

入店は複数人で

また、入店は複数人ですることをオススメします。

理由は簡単です。

北極スープを飲み干せる可能性が高くなるからです。

せっかく頼んだものを無駄にしたくないですからね。

ですので、できれば友人を誘って入店しましょう。

まとめ

蒙古タンメン中本のオススメの食べ方、如何でしたか?

この食べ方をすれば、自分のレベルを測れるはずです。

そして、これは特に強くお伝えしたいのですが、

辛いのが苦手な人に是非入店していただきたい!

蒙古タンメン中本は辛いから人気がある訳ではありません。

トップクラスに美味しいラーメンを

その味を殺さず辛くすることに成功したから人気があるのです。

辛さに躊躇して入店しないのは残念過ぎます。

辛さに強い友達を誘って是非行ってみてくださいね♪