グーグルアドセンスで1万円稼ぐために必要な記事数(PV)と時間

「グーグルアドセンス」

言わずと知れたネットビジネスの王道です。

グーグルアドセンスは

グーグルとパートナーシップを結び、サイトの一部分を提供することで広告を表示させ

クリニック数と単価に応じて収益が発生する

比較的敷居の低いサイト収益化の手段です。

なぜ敷居が低いか?

それは、ユーザーが広告から商品を購入しなくても収益が発生するからです。

そのため、単価は低いですが、初めての収益発生がダントツで速いんですよね。

おそらく、広告を表示させた次の日には報酬が発生していることでしょう。

しかし、まとまった収益となると話は別です。

万単位になるまでにはけっこう骨が折れます。

今回はサイトを1から作り始めて、どのくらいの努力で1万円を突破できるのか?

それを実体験を踏まえてご紹介します。

一般的に言われているグーグルアドセンスの収益

実はグーグルアドセンス。

かなり前から存在しているので、ある程度の予測をつけることは簡単です。

巷で言われている計算式が存在しますので、それをご紹介します。

報酬額=PV数×クリック率(一般的に1%)×クリック単価(一般的には30円)

このようなものです。

で、目標とする報酬額が決まっている場合には、この式を変形させると必要なPV数が見えてきます。

PV数=報酬額/0.3

簡単ですよね?

報酬額を10,000円とした場合、必要なPV数は33,333と計算できます。

ただし、クリック率とクリック単価は変動するため、目安だと捉えた方が良いでしょう。

実際にこれより多くなる場合もありますし、少なくなる場合もあります。

私の場合はクリック率は1%よりも高いですが、クリック単価は30円よりも低いです。

これらのことより、10,000円の報酬を得るために必要なPV数を正確に把握することはできませんが

通過点ではあるとは言え、目標がないとやる気が出ませんので、確実ではないにしても指標として活用したいものです。

ですので、私の場合は「月間35,000PV」。

とにかくこの数字を目標に記事を書き続けました。

必要な記事数と時間

必要な記事数に関しては、私のこのサイトの実績を基にお伝えしたいと思います。

現状のPV数÷現状の記事数

これで、1つの記事がどのくらいのPV数を稼いでいるのか計算できますね。

私のサイトの月間PV数は変動があるものの、大体100,000PV程です。

記事数は340記事なので、1つの記事あたり300PV程を稼いでいることがわかります。

ですので、340記事に35,000/100,000をかけてやれば、35,000PV稼ぐために必要な記事数がわかりますね。

そうすると、119記事と計算できます。

私のサイトくらいの品質だと、35,000PV稼ぐのに119記事が必要なのです。

私のサイトを見ていただければ

「こんなサイトより良い記事いっぱい書けるな」

という方も多数いるでしょう。

そうです。

取り扱うジャンルや文章力によって、PV数が変わるのは必然です。

また、必然な時間ですが、こちらは個人差がかなり大きいでしょう。

人によって取れる時間も様々ですし、文章を書くスピードも違います。

私の場合は仕事をしていますので、2日に1記事くらいのペースです。

まとめ

今回この記事を書いたのは、私と同じ様にサイトを作成しようとしている方の力になれたら、と思ったためです。

やってみて成果が出なければ、それほど悲しいことはありませんよね。

ネットを調べれば「アドセンスとPV数の関係」みたいな記事は多くあるのですが、

実際にどのようなサイトを運営してるのかを教えてくれない記事が多数です。

私の場合は、運営しているサイトはこのサイトだけです。

それを見ていただいて、今後の方針にお役立てください。

それでは、ともに記事を書いていきましょう。